2020年06月09日

スターバックス毎年恒例のいちごを使用した「フラペチーノ」が登場

                にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。


スターバックスコーヒーは、新型コロナウイルスの感染拡大防止に対する「緊急事態宣言」の解除に伴い、5月末より営業再開と店内客席の利用を再開していました。
そのような厳しい状況の中、事前告知は無かったのですが6月8日から新作フラペチーノ2種類を発売していることが判りました。
新登場となったのは、スターバックス毎年恒例のイチゴを使用した商品【シュワッとイチゴフラペチーノ】【ゴロッとイチゴフラペチーノ】の2種類が発売され、人気フレーバーの登場に喜びを噛みしめるファンがSNSに静かに投稿しています。

*インターネットより関連写真を抜粋させてていただきました。









2004年初登場以来、毎年この時期に発売される「イチゴフレーバー」は初夏を感じる風物詩としてスタバには欠かせない商品。
コロナ禍の中での発売となった新商品は、異なるイチゴの味わいが楽しめる2種類となっており、【シュワッとイチゴフラペチーノ】はストロベリージェリー入りでイチゴの爽やかさを楽しめる商品となっており、既に味わった方達の反応は「炭酸入りで旨い」と大好評です。
【ゴロッとイチゴフラペチーノ】はダイスカットしたイチゴを使用し、イチゴの果実感を心ゆくまで味わえる商品となっています。
共にトールサイズのみで税抜640円となっており、材料が無くなり次第、販売終了となっています。


*インターネットより関連写真を抜粋させてていただきました。


























にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村






  


2020年06月07日

ファミリーレストラン「ジョイフル」、コロナ影響で200店舗閉鎖へ

                にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。


西日本を中心にファミリーレストランを展開するジョイフルは、全国の不採算店約200店舗を7月以降順次閉店すると発表しました。
新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛の影響で業績が悪化しており、今回の大量閉鎖に至ったようです。
同社は全国で713店舗を展開していますが、新型コロナウイルスの影響で4・5月の売上が2ヶ月連続で前年比5割以上の落ち込み。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








同社の広報は「コロナ禍で外食産業ほ取り巻く環境が変化することが見込まれる。収益改善が見込めない店舗の退店を柱とする経営合理作を実施する。」とのコメントを発表しています。

新型コロナウイルスによる外食離れは大手チェーン店を直撃しており、ファミレス業界では「ロイヤルホスト」が約70店舗を閉店する方針。
居酒屋チェーン店の「ワタミ」や、回転すしチェーン「かっぱ寿司」などを展開するコロワイドも、それぞれ不採算店を閉鎖することを発表しています。

外食産業の「売れる仕組み」が大きく変化しています。

















にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村






  


2020年06月05日

新型コロナウイルス解雇は2万人超、リーマンショックをうわまわる可能性も

                にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。


厚生労働省が昨日、新型コロナウイルス感染拡大に関連した解雇や雇い止めが、見込みを含めて6月4日時点で2万540人と2万人を突破したことが明らかになりました。
先月21日に1万人を突破してから2週間で倍増という急速に拡大。
緊急事態宣言が発動されて以降、雇用情勢が急速に悪化している実態が明らかになりました。安倍内閣は雇用維持策を相次いで打ち出しているが、歯止めが全く掛かっていないようです。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








厚生労働書は、各地の労働局やハローワークに相談した事業所から集計した業種別や都道府県別、非正規労働者の人数を明らかにしていない。 しかし四半期契約の派遣社員は6月末で契約更新のタイミングを迎える人が多く、1ヶ月前の5月末に雇い止めの通告を受けるケースが多く、解雇人数が急激に増加する可能性が大きいと言われています。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








経済分析に強いシンクタンクでは、新型コロナウイルスの大流行が雇用に与える影響を、世界的な収束が今年末にずれ込む最悪のケースを想定すると、全国で最大301万人が失業する恐れがあると指摘。
リーマンショック後の完全失業者を大きく上回る可能性まで示唆しており、今後のコロナウイルスの収束と経済活動の再編成が大きな課題となってくることは間違いありません。



















にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村






  


2020年06月03日

コロナウイルス関連倒産が200件超え、帝国データーバンク

                にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。


帝国データバンクが6月1日までに確認した新型コロナウイルス関連の倒産が全国で200件を超えたことが判りました。
新型コロナウイルス関連倒産の第1号案件(北海道、三富屋)が確認されたのは2月26日。 以降、倒産ペースは4月27日に100件を突破して、
5月15日に150件に到達し、第1号案件確認から96日後に当たる6月1日に200件目が確認されました。
注目すべきは倒産スピードが仮作していること。100件目を確認するまでに要した日数が61日だったのら対して、101~200件目を確認するまでに要した日数は35日であり、2倍近く加速している現状です。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








都道府県別では東京都が43件、北海道・大阪府が17件、兵庫県が13件、静岡県12件の順で39都道府県で発生が確認されました。
業種別ではホテル・旅館業が39件、飲食業が24件、アバレル・雑貨関係が16件と予想通りの業種が上位を占めています。
負債額は5億円未満が全体の72.8%と小型倒産が多くなっています。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








5月15日には東証1部のレナウンが再生手続きの開始決定を受け、上場企業として初の新型コロナウイルス関連倒産となりました。
倒産理由はコロナウイルスというより、関連企業の多額の売掛金回収困難が原因とみられていますが、連鎖倒産に要注意です。

安倍内閣は経済活動の停止による倒産を防ぐための財政出動を懸命に実施しているようですが、果たししてどれだけ効果があるか。
大変に各企業の動向が気になります。













にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村






  


2020年06月01日

よっちゃん食品工業の人気商品「らあめんババア」が生産終了。

                にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。




よっちゃん食品工業から1994年に発売された駄菓子の定番商品として親しまれた「らあめんババア」が8月31日にて終売となることがネットニュースで流れ、話題となっています。

菓子問屋、あまのや繁田商店Twitterで「らあめんババアほか生産終了」との案内状がツイートされたのがキッカケで認知されました。
「らあめんババア」以外にも「けんこうカムカムするめ足」「味あし50g」「イカ足甘醤油味45g」「イカ足甘醤油味70g」も併せて終売になることが告知されています。とっても残念です。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。









よっちゃん食品工業によりますと「らあめんババア」の終売は主に原材料の高騰、加えて新型コロナウイルスの影響により商品の安定供給が難しくなっていることも大きな理由だそうです。

「らあめんババア」はチキン味の乾燥ラーメンを細かく砕いたような駄菓子であり、ネーミングの面白さと定価が20円という安価な価格ともあり、子供たちに大人気商品でした。
駄菓子の灯が消えないことを願うばかりですね。















にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村