2020年02月09日

今年7月からの「レジ袋有料化」の賛否

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


スーパーやコンビニ、ドラックストアなどの小売店で買い物客に配られるプラスチック製のレジ袋が様々な社会問題となっていることはご存知だとは思いますが、今年7月の有料化に向けた意識調査結果がネットに掲載されていました。
時事通信の「ごみに関する世論調査」での結果です。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








レジ袋の有料化について、
「賛成」・・・・・・・・・・・49.7%
「どちらかといえば賛成」・・・27.3%
賛成派が合計で77.0%と高い数字を示していました。
「反対」・・・・・・・・・・・ 8.8%
「どちらかといえば反対」・・・12.5%
反対派は21.3%という結果が発表されました。
正直、ホッとする「レジ袋有料化」に関するアンケート結果でした。
男女別に見ますと男性が74.6%、女性が79.9%と若干、女性の方が「レジ袋有料化」に賛成した方が多かった結果となっています。


また、農林水産省の2016年度の推計値で年間643万トン以上にのぼる「食品ロス」の問題にも調査を実施していました。
前回2018年の調査と比較して「食品ロス」という言葉について知っている割合についての結果は、
「よく知っている」・・・・・67.9%(前回は51.2%)
「全く知らない」・・・・・・ 4.6%(前回は13.0%)
という結果となっており、新聞やニュースでの報道が多くの人達に知れ渡ったことがアンケートより判りました。

「食品ロスを減らすために意識的に行っていること」との複数回答可のアンケート結果では、
第1位・・・「食材を買い過ぎず、なるべく使い切る」   73.3%
第2位・・・「賞味期限が来てもすぐに捨てず、消費する」 48.2%
第3位・・・「多めに作った料理を冷凍保存する」     39.8%

環境問題は世界的レベルで大問題となっている現状、日本の消費者の意識の高まりが更に向上することを祈りたいですね。
















無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。