2017年01月24日

セブンイレブン、最後の空白地の沖縄県にイートイン導入

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。






コンビニエンスストア最大手のセブンイレブンが、47都道府県で唯一
未出店の沖縄県に2019年2月をメドに出店する方針を発表しました。
沖縄には「ファーストフード」を好む文化がある。との判断で、全店舗
「イーストイン」を導入することも合わせて発表しました。
将来的には200店舗以上の出店を行いシェア獲得を目指します。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






沖縄県の進出にあたり、まずは「弁当などの専用工場を作る」ことから
手掛けており、すでにリッチなどの調整に入っているようです。
一部の店舗で導入している「イートイン」について沖縄県では全店舗に
設置し、ハンバーガーチェーン店に対抗する店作りを行う予定です。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。





2018年2月期の国内出店ペースは「1700店程度の出店」を予定
しており、今期とほぼ同様のペースで出店するようです。
現在の店舗数は1万9000店舗なので、2018年2月期に2万店舗
の達成も実現する予定です。

またティッシュやシャンプーといった雑貨は「まだコンビニの商品は高いというイメージがある」と分析しており、メーカーと共同開発するPB(プライベートブランド)などの商品開発にも積極的に取り組むことも発表されました。

小売業界の盟主はどこまで走り続けれるか興味深く観察します。









にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。