2014年08月07日

高校野球逸材に見る選手育成法

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。




昨日、第96回全国高校野球選手権大会の組み合わせ抽選会が行われて、
今年の甲子園大会も開幕を迎える準備は整いました。
大会の注目選手は盛岡大付の松本投手、智弁学園の岡本選手、あるいは
2年生ですが東海大相模の吉田投手など「逸材」と呼ばれる選手が数多
く出場し、楽しみな大会となりそうです。
一方、昨年のセンバツや選手権で2年生として大活躍した「逸材」が、
地方予選で涙を飲んだケースも多かった事実もあります。


昨年のセンバツ大会の優勝投手、浦和学院の小島和哉投手。
埼玉大会の3回戦で敗退しました。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。



同じく昨年のセンバツ大会の準優勝投手、済美高校の安楽智大投手。
愛媛大会の3回戦で敗退しました。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。



昨年の夏の選手権大会で優勝投手となった前橋育英の高橋光成投手。
群馬大会の3回戦で敗退しました。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。




いずれの選手もプロが注目する高校野球の「逸材」選手です。
彼たちが何故、地方予選で敗れ甲子園出場を逃したのか・・・・・・・
理由はいろいろな根拠や説が出てくることでしょうか、あるプロ野球の
スカウトの分析では「2年から3年にかけての“伸び悩み”がある。」
厳しい指摘を告げています。

スポーツライターの専門家も「伸び悩み」について指摘しています。
「彼らに限らず、最近の傾向として能力の高い選手は1年生から試合に
出場することが多い。また有名校は“全国で勝つ”ことを義務付けられて
おり、練習と試合の毎日です。しかし、彼らはまだ高校生で成長過程の
途中なのです。肝心な体力作りが疎かになり、また体の成長には運動と
休養が欠かせないのに、伸び悩みが心配される選手達は基礎体力作りと
休養が不足
していたのではないでしょうか。」


現在、プロ野球の日本ハムで大活躍している大谷翔平投手は花巻東高校
時代の高校2年生の時、体の成長に伴う股関節痛により練習ができない
時期があり、結果「その時期があったからこそ基礎体力作りが進んだ」
と同校の佐々木監督は話しています。

大人と異なって、まだまだ体が成長過程にある高校生達の基礎体力作り
と全国で勝つことが義務づけられた野球強豪校との板挟みになって、苦
しい選択をしていることも事実としてあると思います。
しかし、大切な「逸材」ですので将来を考えた選手の育成方法を選択し
て欲してい気持ちになるのは私だけではないと思います。

成長過程の選手の育成法。
改めて基礎体力作りと休養の大切さを学ばせてもらいました。










にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。