2013年10月13日

最近話題の『ブラック企業』とは

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。



最近、何かと話題か多い『プラック企業』。
そもそも『ブラック企業』とは何を強要しているのか、イマイチご存知
ない方が多いのではないでしょうか。
今年になって、就職活動にも『ブラック企業にご用心』などとの資料も
出回っているようです。

*インターネットより参考資料を抜粋させていただきました。



そもそも『ブラック企業』という言葉自体はインターネットの書き込み
が起源であると言われていますが、ハッキリしたことは不明です。
定義として曖昧な部分もあるが現在、一般的に問題となっているのは
「長時間労働(拘束時間)」
「残業代の不払い
  (サービス残業の強要)」
「雇用の不安定(不当解雇)」

などが『ブラック企業』として認知される企業の実態のようです。

*インターネットより参考資料を抜粋させていただきました。


これらの諸問題は、雇用する企業側の立場と、雇用される労働者側との
立場の違いから発生するものから、明らかに『労働基準法』の違反まで
幅広く原因が予測されます。
もちろん『労働基準法』を破っているのは問題外です。

しかし、私自身が聞いている内容にはチョっとした立場や意見の相違な
どで争っているケースも多あると実感しています。
どちらの肩を持つのではなく労使双方が協調して、お金を払っていただ
いています『お客様に喜んでもらう』ことに目的をおいて
話し合う姿勢を望みます。







にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


Posted by 戸塚友康 at 14:48 │戸塚友康コラム

▶コメントをする・見る(0)