2013年02月03日

『定昇維持の攻防』/今年も春闘がスタート

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。



先日、経団連の米倉会長と連合の古賀会長の労使トップ同士が会談して
2013年の春闘がスタートしました。
安倍政権のデフレ脱却を追い風に給与総額1%引き上げを求める連合に
対して、経団連は「雇用維持が最優先で定期昇給の凍結もあり得る」
の姿勢を維持しています。
交渉は3月13日の大手企業の集中回答ギリギリまで予断を許さない状況
が続く展開となりそうです。

*インターネットより関連記事を抜粋させていただきました。




連合の1%引き上げ要求は3年連続、給与総額には定期昇給や一時金や
各種手当が含まれ、給与水準全体を底上する『ベースアップ』は実質的
に目標としていません。
連合の古賀会長は「デフレ脱却できるかどうかは政府の適切な経済・財政
運営に加え、春闘の結果も大きな鍵を握っている」
と発言しています。
賃上げで個人消費を喚起し、企業の業績改善へとつなげる好循環を目指
すべきだとの主張を展開しました。

逆に経団連の米倉会長は「雇用の維持・安定を確実なものとするために
これまでにも増して労使が危機感を正しく共有することが求められる」

と発言し、賃上げ先行論に消極的な考えを示しました。

*インターネットより関連記事を抜粋させていただきました。


今年の春闘は、例年の『賃上げ交渉』という意味だけではなく、今後の
日本経済の再生がどのように進むのか。を占う大事な春闘となります。
今後の労使交渉から目が離せません。









にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。