2013年01月09日

『苦しみを小さくする法』/鍵山秀三郎一日一話

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。



皆さん、おはようございます。
早いもので年明けも一週間がアッという間に経過してしまいました。
今年は『試練・苦難』の年になる覚悟はしていましたが早速、昨日には
今年最初の試練・苦難が訪れました。(笑)

そんな時には、これです。
(株)イエローハット創業者、鍵山秀三郎先生「鍵山秀三郎一日一話」
を読み返して自分自身に言い聞かせます。
本日の内容は、昨年12月22日に送っていただいた内容、タイトルは
『苦しみを小さくする法』


*インターネットより鍵山先生の写真を抜粋しました。



『苦しみを小さくする法』
 
 人間は誰しも、何かしら悩みや問題を抱えて生きているもの
 です。
 悩みや問題に直面したとき、かつての日本人は人に親切にし
 たり、励ましたりすることによって自分自身の辛さや苦しみ
 を和らげ軽くする知恵を身につけていたように思います。
 ところが、最近の日本人は反対のことをするから、ますます
 苦しみを大きくしているのではないでしょうか。


PHP研究所:鍵山秀三郎「一日一話」より引用



「苦しみを小さくする法」
ちょうど昨日に試練・苦難が訪れましたので、すがるような思いで拝見
をしましたが、バッサリ切られた気分です。
自分自身が『試練や苦難から逃れたい』と思っているのが、ハッキリと
判り、間違っていました。
自分自身が試練や苦難に直面した時にこそ、他人に気配りする。
これが先人達が教えてくれた人生訓であります。

幸か不幸か現在はデフレ不況の最中でありますので、悩んでいたり困っ
ている企業や経営者が大勢います。
仕事柄、こんな時こそ「アドバイス」したり「親切」に対応して、時に
は「叱咤激励」することが求められていますね。
自分自身のちっぽけな悩みを捨てて、周囲にいる方々の「試練・苦難」
に親切丁寧に対応することを最優先します。


今日も鍵山秀秀三郎先生の言葉を教訓に頑張ります。














にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


Posted by 戸塚友康 at 12:38 │人間力を磨く

▶コメントをする・見る(0)

2013年01月07日

ビジネス雑誌に記事が掲載『事業構想2月号』

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。




昨年度の12月にお知らせしましたビジネス雑誌からの記事依頼が掲載を
されましたので、改めて告知させていただきます。
雑誌名は月刊『事業構想』。   2月号に掲載されています。




掲載された記事の内容はこちらです。
雑誌の全2ページのカラー刷りでの掲載となりました。 すごい・・・
このように大々的な掲載に少し驚きました。



記事タイトルは「日本マクドナルド 女性の潜在ニーズに応えられず」
私自身の所感として書きました記事を掲載させていただきました。




記事の内容はこちらですが、是非ともご覧になり「いいね」をひと押しいただけると幸いです。
今回は「日本マクドナルド」の記事を書きましたが、マクドナルドだけのことではなく、女性をターゲットとしている業種・業態に当てはまる記事を書きました。

女性の『美』『食』『健康』などに大きな変化が起きつつあります。
また、女性の時代が本当にやってきました。
記事には書きませんでしたが、昨年の流行語に入りました『美魔女』
筆頭とした女性の『美』に対する潜在ニーズが顕在化してきたのが環境
変化として起きています。

企業は『環境適応業』と言い古されていますが、いつの時代も環境変化
に適合できない企業は生き残りができません。
この事実は過去の歴史を調べれば一目瞭然で物語っています。
働く30~50歳代女性が過去の歴史にないぐらい元気です。
極端にいいますと、日本の消費をリードする時代が到来しています。
この環境変化に適合できる体質作りが急務となってきています。

女性をお客様としている事業の方々、要注意です。
逆に素晴らしい「ビジネスチャンス」の到来なのです。





   






にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2013年01月06日

今年も感動の連続「箱根駅伝」

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。




お正月の風物詩といえば、何といっても「箱根駅伝」ですよね。
今年はテレビで見る時間が少なかったのですが、ダイジェストで拝見を
しましたら感動の連続でしたね。
選手達が「母校のために」「仲間のために」懸命に走る姿が感動を呼び
人々を感動させるのだと思います。





結果、往路では26年振り総合優勝は30年振りで日体大が優勝を果たし
ましたね。  おめでとうございます。
久しぶりの名門復活で喜んでいるOBも大勢いたでしょうね。
また日体大は、昨年は参加20チーム中19位と沈んでおり、シード権を
とれず今年は予選会からの優勝という快挙を達成しました。



優勝とは別に今年も数多くのドラマがあったようです。
往路での城西大の棄権するシーンがテレビで流れたときには、選手の
無念な思いと監督の苦渋の決断が見てとれました。
監督が止めなければ、どこまでも走り続ける姿に胸が熱くなりました。
急激な気温の低下による低体温症と脱水症状が原因での棄権でした。






また優勝回数歴代最多14回を誇り、28年間シード権を守り続けていた
中央大も5区の山登りでの棄権となりました。
原因は城西大の選手同様、低体温症と脱水症状によるものでした。
期待に応えられなかった悔しさを是非、リベンジして欲しいものです。






優勝候補に挙げられており、50年振り復路優勝を目指していた明治大学
の9区の選手も脱水症状でフラフラになり、あわや途中棄権の大ピンチ
を気力で走り切り、何とか襷をつないだのは感動的なシーンでした。




そして、今大会で最も感動的だったのが青学大の8区高橋選手の区間賞
の激走ではなかったでしょうか。
高橋選手は東日本大震災にて姉を亡くし、陸上競技を始めるキッカケを
作ってくれた姉に捧げる走りを行ってくれました。
箱根駅伝と弟を愛した姉に区間賞を墓前に報告すると話していました。




今年も感動の連続でありました「箱根駅伝」
やはり皆さんの思いは同じで平均視聴率は往路29.1%、復路27.9%
との発表がありました。
往路と復路での平均視聴率は28.5%と昨年より0.3%アップして歴代
第3位となり、最高視聴率は34.7%を記録しました。

多くの人達に感動を与えた「箱根駅伝」、来年も選手達の活躍に今から
楽しみになります。
選手の皆さん、お疲れ様でした。 しっかりと疲れをとって下さい。
そして来年も感動を楽しみにしています。








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


Posted by 戸塚友康 at 10:33 │感動体験

▶コメントをする・見る(0)

2013年01月04日

今年のスタート3日間

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。



正月、三が日が終わり今日から仕事という読者の方も多いとは思います
が、例年しばらく仕事もモードにならないのが普通ですよね。
私自身は、今年珍しくテレビを見ない慌ただしい正月を過ごしました。


まず元旦は、朝一番で事務所に行きブラインドを開け部屋に新鮮な空気
を入れて、今年の活躍を祈りました。



そして郵便物・年賀状の確認です。
今年最初の郵便物は㈱コバックさんの小林憲司社長からのカレンダーの
贈り物が届いていました。  ありがとうございます。



元旦の夕方から恒例となりました新春講演会に出掛けてきました。
内容や詳細は主催者の許可が下りていないので、極秘扱いです。



2日の夜に浜松に戻り、3日は恒例の「豊川稲荷の参拝」です。
不況になると神社へ「神頼み」が増えると言いますが、まさに豊川稲荷
は「デフレ不況」を象徴しているような状態でした。




そして昨年より一回り大きい「熊手」を購入し、早速事務所に飾り付け
をしてきました。 これも20年近く継続しています。(笑)



夕方からはいただいた「年賀状」のチェックを行い、出しそびれた方々
への返信を行いました。 多くの方から年賀状を頂戴し、感謝します。
まだ、届いていない方は少しお待ちくださいね。




本日はプライベートな正月三が日の内容を記事にしましたが、次回から
はコンサルタントとしての記事を書きます。
弊社も本日から仕事ですが、完全に仕事モードに突入するには少し時間
が掛かりそうです。(笑)

今年もよろしくお願いします。







にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


2013年01月02日

2013年度の景気予測と経済見通し

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。




新年、明けましておめでとうございます。
昨年中は読者の皆さんに大変に御世話になり、ありがとうございます。
心より御礼をを申し上げます。
特にブログ応援では『ポチッ』の合言葉にて(笑)多くの応援を頂戴し
重ねて御礼を申し上げます。
今年も『ポチッ』の合言葉のもと、よろしくお願いします。

*インターネットより無料イラストから抜粋しています。




さて2012年は大変な時代となり、ある税理士グループの統計によりま
すと、全体の80%の企業が赤字であり黒字企業は20%弱である。との
数字が出ているぐらい『デフレ不況』の年でした。
昨年末に政権が自民党に代わり安倍内閣は『経済対策』を最優先課題と
して取り組み『デフレ脱却』を公約として掲げています。

しかし、製造業を中心とした「モノづくり」関係の海外シフトは止まる
気配がなく加速する勢いすら感じられます。
国内産業では、多少元気の良い小売業においても現場では「価格破壊」
が激しくなるばかりで、この勢いを止められるのでしょうか・・・

安倍内閣は、各閣僚に年明けに「景気対策」の案を求めていましたが、
現場を理解した対策が出てくるのでしょうか・・・
10兆円の補正予算を組んで「公共投資」を行う気配ですが、また箱モノ
政策に逆戻りするのでしょうか???  とても疑問です。

3月には金融円滑法の期限が切れ、倒産する中小企業が数多く発生する
ことが巷では囁かれている事実もあります。
今年は昨年以上に厳しい年になることは明らかではないでしょうか。
このような景気動向と経済状況を勘案すると中小企業さん達の生き残り
を賭けた戦いが激しくなることは必然です。


私自身が最近の『経営相談』でお話しすることは、
「体力が残っているうちに“成長戦略”を探し、なるべく早期に業界の
 環境変化に適合した業態にシフトすることが唯一の勝ち残る道です。
 体力が消耗した時には手遅れになって苦しんでいる企業さんを数多く
 見てきましたので、絶対ですよ。」
と必ず告げます。

詳しい内容をお聞きになりたい方は、是非ともご相談下さい。
今でしたら『無料経営相談』で対応させていただきますので・・・・
申し込み用のバナーを貼っておきます。



無料経営相談 実施中!!













にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。


  


Posted by 戸塚友康 at 09:33 │戸塚友康コラム

▶コメントをする・見る(0)