2011年12月19日

感動する顧客への対応/誘導カードマン

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。



少し前の出来事なのですが、とても感動する体験をしましたのでご報告
をさせてもらいます。
その日は、市内のホテルで忘年会が開催されていました。
ちょうど忘年会のシーズンであり、あいにく小雨が降っており、寒い日
でありました。
ホテルに到着した私は玄関に近い場所に駐車したい思いがありました。
誘導係のカードマンは、玄関から遠いほうへ誘導していましたが、よく
知っているホテルなので、一台ぐらい空いているだろう思い、その指示
を無視して玄関に近いところへ車を停めようとしました。
しかし、誘導係のガードマンのいう通り、空き駐車スペースはありませ
んでした。  結局、玄関より一番遠いスペースの一角に、かろうじて
駐車することができました。

*インターネットよりイラストを抜粋し、活用させていただきました。


急いでホテル玄関に向かう途中に、先ほど誘導してくれたガードマンに
会ったとき「雨の中ご苦労様です。遠くに停めさせてしまい申し訳あり
ませんでした。」
と声を掛けられました。
私は自分が考えた行動が恥ずかしい気持ちになり、「雨の中ご苦労様」と言うのが精一杯でした。

そして忘年会が終わり、代行を呼んで帰ろうとしたときに再び、先ほど
のガードマンと遭遇しました。
「今日は駐車場が混雑して、遠くまで歩かせてしまい、申し訳ありませ
んでした。お気をつけてお帰り下さい。」
と告げてきました。
酔ってはいましたが、とても嬉しい気持ちになり思わずそのガードマン
の方に尋ねてみました。
「あなたの会社のガードマンさん達は、全員が同じようにお客様に声を
掛けるのですか?」
と。
そして回答は、
「全員が同じように声を掛けるか、どうかは判りませんが寒い雨の中を
当ホテルに来ていただいた方々に、一声掛けることは難しいことではあ
りませんので・・・」
と照れながら答えました。

こんな身近なところにも『お客様を感動』させる実例があった。ことに
嬉しくなり気持ちよく岐路に着きました。







にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。