2010年08月23日

夏季一時金(ボーナス)が2.13ヵ月

先日、静岡県労働政策課が県内500の民間労働組合を対象に今夏の
一時金(ボーナス)の要求・妥結状況を最終的にまとめました。
私の個人的な情報とは異なり、意外な結果が出ました。


交渉がまとまった406組合の平均の妥結額が、
前年同期比12,185円増加の613,665円
支給月額については、
前年同期比0.05ヵ月増の2.13ヵ月


一昨年秋のリーマンショックによる世界的な景気悪化が響いて大幅
減額となった昨年に比べ、今年は景気の持ち直し傾向が見受けられ
妥結額、支給月額ともに増加しました。

あくまで民間労働組合が存在する企業さんですので、労働組合自体
が存在しない企業さんでは、異なる結果となると思いますが…

皆さんは、どのように感じますか…



にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント」
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
『ブログ村』の『コンサルタント部門』に参加しています。
皆さんの応援の『ひと押し』が活力になります。  


2010年08月23日

(株)コバック小林憲司社長からの贈り物

先日、出張から帰りましたら(株)コバックの小林憲司社長から驚き
の贈り物が届いていました。
素晴らしい『筆文字』で、気持ちが伝わってきます。


開けてみたら、更にビックリ…
6月27日に豊田市倫理法人会グループ主催で、豊田スタジアムで実施
されました『夢の2010人モーニングセミナー』の開催記念の色紙で
した。



ご挨拶文が同封されており、名前は直筆で書かれていました。



同封されていました色紙は「夢の2010人モーニングセミナー」にて
お世話になった方々への限定記念品(参加者の約1%)を小林憲司
実行委員長が手作りにて作成していただいた貴重な品であることが
判りました。

最初は「私が頂戴して良いのかな…?」
との思いがありましたが、後日に小林憲司様からメールにて戴ける
理由をお聞きし、感激しました。
私自身の活動を、大変に高く評価していただいたことが、何よりも
嬉しく感動しました。

平成18年の9月より平成19年の8月までの一年間、豊田市倫理法人会
(当時は1単会でした)会員さんの後継者を集めての『倫理経営塾』
の講師を務めさせていただき、翌朝はモーニングセミナー講師を務
める一年間を評価して戴いたようです。
また、豊田市北・南・中央と3分封に協力して、各単会の講師を務め
させていただいたことも評価していただきました。


『純粋倫理』が縁で素晴らしい感動体験を味わうことができました。
小林憲司様、感動をありがとうごさいます。

私達のバイブル『万人幸福の栞』の第10条『勤労歓喜』が、すぐに頭
に浮かびました。(P73・5行目~P74・2行目)
『働きが一切であり、働きが人生である。働きが生命であ。この働き
には、そのままに、必ず「報酬」がついている。金銭で受ける「報酬」
には、多少があり、不公平があったりするかもしれぬが、この自然に
して当然に受ける報酬は、かならず働きに比例して、落ちもなく、忘
れられもせず、必ず直ちに与えられる。それは「喜び」という報酬で
ある。ま心で働いた時、必ず喜びがわく。何の期待もなく、予期する
ところもなく働いた時、おのずからに感ずる喜びは、他のどんな喜び
にもかえることは出来ない。』



やはり『純粋倫理』の教えは、
    真実であることが実証できました。





にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント」
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
『ブログ村』の『コンサルタント部門』に参加しています。
皆さんの応援の『ひと押し』が活力になります。
  


Posted by 戸塚友康 at 09:05 │感動体験

▶コメントをする・見る(0)

2010年08月22日

2億5千万年の歴史/竜ヶ岩洞

本日は東海地方最大の規模の『神秘の大鍾乳洞』である竜ヶ岩洞
ご紹介しますね。
場所は東名高速三ケ日ICもしくは浜松西ICより車で30分の距離
にあります浜松市北区引佐町です。
個人的にお勧めスポットは『亀の小滝』ですね…

鍾乳洞へ初めて行く方は感動しますよ…


竜ヶ岩洞は2億5千万年前の地層と言われる秩父古生層の石灰岩地帯
にあり、総延長は約1000m(一般公開は400m)の鍾乳洞です。
洞内は年間平均18℃と平均しているので、特に真夏には快適な探検
ができるスポットであります。


洞内のマップは、このようなカタチになっています。




通称『喜びの窓』 現地に行くと感動が伝わります。


通称『ワニの岩』 自然にできたカタチとは思えない不思議さが…


通称『天恵の泉』 ここも神秘的な場所になっています。


通称『知の七福神』 この場所も思わず見とれるほど神秘的…











猛暑続きで、いささか夏バテ気味の時には絶好の観光スポットの
『竜ヶ岩洞』をお勧めします。
特にお子さんのいる方は、是非とも大自然の神秘さ、不思議さを
体験させてあげると、感動すると思います。
また、大人も充分に楽しめます。






にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント」
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
『ブログ村』の『コンサルタント部門』に参加しています。
皆さんの応援の『ひと押し』が活力になります。
  


Posted by 戸塚友康 at 09:06 │感動体験

▶コメントをする・見る(0)

2010年08月21日

南極で大規模オーロラ観測

先日、新聞にて大変に興味深い内容の記事が掲載されていました。
記事のタイトルは『緑のカーテン』


南極にあります国立極地研究所の昭和基地の観測カメラが撮影に
成功したそうです。
オーロラとは、太陽で発生した爆発現象『太陽フレア』などで発生
した電気を帯びた粒子が地球に流れ着き、南極・北極に降り注いだ
大気中の粒子と衝突したときに発行する現象を言います。

大自然の不思議な力を、改めて実感する記事でした。



にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント」
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
『ブログ村』の『コンサルタント部門』に参加しています。
皆さんの応援の『ひと押し』が活力になります。  


2010年08月21日

高校野球秋季大会スタート

全国高校野球選手権大会も最終日となり、決勝戦を残すだけと
なりましたが、各地区では来年の選抜高校野球大会を目指して
秋季大会がスタートしています。

背番号をつけ、野球の専用グランドで試合をします。

当然ですが、どちらもチームも真剣勝負です。


ベンチの選手も総立ちで公式戦の緊張感が伝わってきます。


スコアボードも名前まで掲示してあり、本格的な大会です。


ピンチになれば内野手が集まり円陣も組みます。


どちらの投手も力投していますね…


父兄も大弾幕を持参し、応援に熱が入ります。


球場全体の雰囲気は、秋季大会の地区予選ですので「のんびり」
とした状況です。




偶然に立ち寄った野球場で、高校生の真剣勝負を拝見しました。
1、2年生ばかりですので、決して上手とは言えませんでしたが、
どちらのチームも必死にプレーをしていました。
選手の皆さん、来年の選抜高校野球大会の出場を目標に精一杯
努力して下さいね。








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント」
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
『ブログ村』の『コンサルタント部門』に参加しています。
皆さんの応援の『ひと押し』が活力になります。  


Posted by 戸塚友康 at 09:01 │戸塚友康コラム

▶コメントをする・見る(0)

2010年08月20日

花火大会/夏の風物詩

夏といえば昼間は高校野球で、夜は花火が風物詩ですよね…
高校野球関連記事はこちら
  7月27日の記事 http://tozuka.boo-log.com/e96540.html
  7月29日の記事 http://tozuka.boo-log.com/e97546.html
  8月 1日の記事 http://tozuka.boo-log.com/e97547.html
  8月 3日の記事 http://tozuka.boo-log.com/e97567.html
明日は、決勝戦ですね…

夜は浴衣を着て、花火大会へ…
今年は花火大会が重なり土曜日・日曜日はあちらこちらで花火大会
が開催されています。
また明日から、各地が花火が打ちあがるのでしょうか…?






明日は楽しんで下さいね。



にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント」
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
『ブログ村』の『コンサルタント部門』に参加しています。
皆さんの応援の『ひと押し』が活力になります。  


2010年08月20日

子ども手当の寄付制度

先日、民主党マニフェストの主力政策である『子ども手当』が新聞
の一面に掲載されていました。
  

内容は、子ども手当の受取りを希望しない保護者が地元の市町村長
に寄付できる制度についての記事でした。

政令指定都市、道府県庁所在地、東京都23区の計74自治体を対象に
調査したところ、実際に寄付したのは14市区で合計34名。
調査した74市区での子ども手当ての支給対象者は550万人で、確率
的には16万人に一人程度の割合でした。
制度利用が極めて低調だったことを報告しています。

静岡県では静岡市と浜松市が政令指定都市として認定されています
が両市の60市区では寄付した人はゼロでした。

子ども手当の寄付制度は、今回は高額所得世帯への所得制限が見送
られ、代替案として創設されたのですが、素人の私が考えてみても
「機能しないのでは…?」と思える施策です。
政治家の皆さん、選挙公約では国民目線と言いながら、行っている
ことが違いませんか…?
また、寄付制度を活用するのには、事前に申請手続きが必要であり
、手続きの煩雑さも大きな問題とて浮上しています。

『子ども手当』自体は喜んでいる保護者も大勢いると思いますが、
何か釈然としない気がします。

私自身の想いは、
政治家と官僚が中心となって制度や仕組みを決めていること自体が
問題であり、受ける側の民間の人達の意見や意思が反映されていな
いと強く感じます。


そして最大の問題は、
『最終責任を誰もとらない』ではないでしょうか…?
つまり最後の責任が自分に追及がない。また、責任追及する仕組み
やが無かったり、慣例がなければ「真剣度合」が違ってきて当然。


日本の政治家と官僚の『大改革』が無ければ、
国の施策そのものが、国民の目線から離れた
ものとなるでしょう。


皆さんはどのように感じますか…?





にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント」
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
『ブログ村』の『コンサルタント部門』に参加しています。
皆さんの応援の『ひと押し』が活力になります。  


2010年08月19日

みんなの廃校プロジェクト

先日、とても気になる新聞記事を見つけたので、ご紹介したい
と思います。
文部科学省発表の新聞記事でした。

 高井美穂政務官       川端達夫大臣
*お二人の写真は文部科学省のホームページの写真を使っています。


見出しは『廃校情報をネット集約』
    『約1000校が放置状態』
  


記事によりますと文部科学省は、廃校となった公立小中学校の
校舎を、民間企業に再利用してもらうために全国の廃校情報を
同省のホームページで一括提供する方針を決定したそうです。
仮称:『みんなの廃校プロジェクト』として9月
よりスタートするそうです。

全国の公立小中学校の廃校件数は、少子化や市町村合併などの
影響で、年々増加傾向にあります。
2002年から2008年にかけての7年間で廃校となった公立学校
3134校もあり、そのうち三分の一相当にあたる999校
が再利用されず、放置状態にあるようです。

これまで廃校舎・施設に関する情報提供は、各自治体が個別で
行ってきたため、再利用を希望する事業者が条件に合った物件
を見つけることが難しかった。
そこで、全国の廃校舎・施設に関する情報を集約したうえで、
広く一般に情報を提供し、自治体と事業者のマッチングを図り
廃校の有効活用を促す方針を決めたそうです。

実際の活用例では『トラフグ・アワビの養殖場』『マンガ本の
保存・展示』等のユニークな再利用も実施されています。

学校の存在は「地域のコミュニティー」として、大きな存在で
廃校のまま放置されているのは、地域にとって大きな損失。
再利用して、「地域のコミュニティー」として復活できること
を願いたいと思います。



にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント」
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
『ブログ村』の『コンサルタント部門』に参加しています。
皆さんの応援の『ひと押し』が活力になります。
  


2010年08月18日

アクセス解析/(株)ルーコさん

先日、お世話になっています(株)ルーコさんによる約50日間の
ブログ『アクセス解析』の指導を受けました。
今回は井上美穂社長と新人さんの二名でのアクセス解析。

もともとアナログ人間ですので、井上美穂社長のアクセス解析は
私にとっては、とても貴重な時間となっています。


以前にも大変貴重なアドバイスを頂戴していますので今回も大変
楽しみにしていました。



今回の『アクセス解析』はブログのメニュー設計を実施してから
本格的に稼働した50日間の対比でした。
結果は、メニュー設計前の状況に比べ『セッション数』『PV数』
『閲覧ページ数』『新規セッション割合』
伸び率もアップしており
良い状態をキープしている。と解析結果をいただきました。
結果的に読者の方々の『期待に応えている』ことに加え
別の記事も読みたくなっている。とのデータ解析だそうです。
結果的にメニュー設計が、良かったことを表しています。

また、今後期待されている『キーワード』等のアドバイスも頂戴し
大変に有意義な『アクセス解析』の指導をいただきました。

井上社長、ありがとうございました。
今回のアドバイスをもとに、今後は『読者の期待以上』
内容のブログにして行きます。
今後とも、よろしくお願いします。





にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント」
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
『ブログ村』の『コンサルタント部門』に参加しています。
皆さんの応援の『ひと押し』が活力になります。
  


Posted by 戸塚友康 at 09:03 │感動体験

▶コメントをする・見る(2)

2010年08月17日

好調な売れ行き/軽自動車キャンピングカー

先日、新聞をみていましたら気になる記事がありました。
タイトルは『格安レジャー脚光』
     『軽でキャンプ』身近に

  

軽自動車をベースにしたキャンピングカーの人気が高まっている
との記事でした。
これまでは専門業者が軽自動車を改造するのが主流だったようで
すが、富士重工業や三菱自動車といった自動車メーカーが販売に
乗り出した、ようです。
価格も138万円から高くても200万円と、通常のキャンピングカー
に比べ、割安感が感じられます。
現在は補助金も活用できるメリットもあり、非常に売れ行きが、
好調のようです。


そう言えばブーログでお馴染のユーズネットグループ井上政彦
会長のブログでも軽自動車のキャンピングカー『ちょいCam』
拝見しました。
やはり時代は確実に変化している。と言うことですね…

経営者が経営環境の変化を読んで、新たな消費者ニーズを読む。
難しいことですが、経営者として絶対に不可欠なスキルだと実感
しました。





にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント」
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
『ブログ村』の『コンサルタント部門』に参加しています。
皆さんの応援の『ひと押し』が活力になります。