2010年02月05日

打つ手は無限/滝口長太郎氏

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。




最近、良く聞く言葉が『打つ手は無限』
千葉県の実業家である滝口長太郎さんが残した言葉です。
倫理研究所の法人局に属する倫理法人会の生みの親として、今でも
語り継がれています。
滝口長太郎さんには、残念ながらお会いすることはできませんでしたが、
平成4年に倫理法人会に入会した私は、新入会員の時にスポンサーと
同行して、滝口長太郎さんのお別れの会?に参加させて戴きました。

この書籍は千葉県倫理法人会の設立25周年の記念出版した書籍です。


内容を御紹介します。
『打つ手は無限』

素晴らしい名画よりも
とてもすてきな宝石よりも
もっともっと大切なものを
私は持っている。


どんな時でも
どんな苦しい場合でも
愚痴を言わない
参ったと
泣きごとを言わない

何か方法はないだろうか
何か方法はあるはずだ
周囲を見回してみよう
いろんな角度から
眺めてみよう
人の知恵も
借りてみよう

必ず何とかなるものである
なぜなら打つ手は常に無限で
あるからだ。



苦しい時期が来たり、モチベーションが落ちたりした時には、
必ず声に出して読んでみて下さい。
何度も・・・・ 何度も・・・・
心に染みわたるまで、繰り返し・・・・ 繰り返し・・・・
前が打ち開けるまで、続けてみて下さい。
  


Posted by 戸塚友康 at 07:30 │大自然の法則

▶コメントをする・見る(0)