2010年07月06日

マーケット変化に対応/和菓子屋編

先日(株)ふる里さんのキュービックシューについての記事を
書きましたが、店内には美味しそうな夏の商品が豊富に…
夏の戦略商品をご紹介します。


最初は『ミニビールゼリー』

少し苦味があり、本物のビール感覚で楽しめるゼリーです。


次の商品『竹筒水ようかん』

甘さ控えめで、冷やして食べると何とも言えない美味しさ。


夏のメイン商品『白玉ぜんざい』『あんみつ』

白玉ぜんざいは、団子もモチモチして絶品です。
あんみつは自家製の蜜があり、甘さが調整でき人気商品です。


そして誰が名付けたか『くみこどら焼き』

全9種類の商品ですがお勧め商品は、
「サマーオレンジティー」「きなこわらび」「マンゴー」


そして米粉100%の『ロールケーキ』

もちもちとした食感で、個人的にはフルーツロールは絶品。


最後にここ数年間の大ヒット商品『わらび餅』

パックで販売していますが、売れる店では多い日には500パック
以上を販売します。


商品は、まだまだ豊富にありますが夏季の戦略商品として主力と
して販売に力を入れている商品です。
和菓子のマーケットが、確実に縮小していますので「和菓子屋」
を脱皮して地域に愛される「スイーツ」のお店として生き残りを
掛けて変革中です。
現在は「店内手チラシ」「お礼状」「予約キャンペーン」等々の
競合他社との差別化も徹底されつつあります。
まだまだ、これから変革・進化する「スイーツ」店に興味を持ち
注目して下さい。







にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
ブログ村「コンサルタント」 ← ブログ村のコンサルタント部門の
                第1位を狙います。
                是非とも応援の『ひと押し』
               
                をお願いします。



無料経営相談 実施中!!
同じカテゴリー(注目企業紹介)の記事画像
ウナギそっくりの「ほぼうなぎ」が大好調/カネテツデリカフーズ
カラムーチョが人気再燃の要因
コンビニ大手のファミリーマートの次なる戦略/後編
コンビニ大手のファミリーマートの次なる戦略/前編
パナソニック創業100年で組織風土改革
書籍販売にみる環境変化とビジネスモデル
同じカテゴリー(注目企業紹介)の記事
 ウナギそっくりの「ほぼうなぎ」が大好調/カネテツデリカフーズ (2018-07-20 10:32)
 カラムーチョが人気再燃の要因 (2018-07-09 11:12)
 コンビニ大手のファミリーマートの次なる戦略/後編 (2018-07-08 11:16)
 コンビニ大手のファミリーマートの次なる戦略/前編 (2018-07-03 13:47)
 パナソニック創業100年で組織風土改革 (2018-06-30 11:21)
 書籍販売にみる環境変化とビジネスモデル (2018-06-29 10:32)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。