2010年06月19日

マーケティングの原則/消費者の潜在意識

本日は『マーケティングの原理・原則』から
ヒット商品が生まれる消費者心理をご紹介します。

例えばあらたまった式典・パーティー等へ夫婦で出席する時
には奥様方は必ずと言いますすよね「着て行く服がない」
タンスの中は服で溢れているのに何…?
と思われるご主人が多いとはずです。
そこには女性特有の潜在意識が存在しているのです。
「2~3度袖を通しただけでも同じものを着ていくの嫌だ」
心理的に「新しい服が欲しい」となる訳です。
そこには自分自身を他の人との差別化をしたい。との心理が
働いています。

しかし、差別化したいなら必ずしも新しい服でなくてもいい
はずですが、ここにもう一つの心理が働いています。
「皆さん新しい服を着てくるだろうから、自分だけ以前袖を
通した服では嫌だ」

つまり、人と同じでありたいとの心理です。

自分自身を際立たせたい。との差別化の心理と人と同
じでありたいとの横並びの心理とのふたつの
相反する矛盾した心理が潜在意識に生まれます。
この相反する矛盾した心理がタンスに服が溢れている状態でも
新しい服が欲しい。購買動機を喚起するのです。

ヒット商品とは、この相反する矛盾した心理により生まれます。
「何か新しい商品が出て、これは流行そうだ」と感じると
「先行して自分を差別化したい」
「流行遅れになりたくない」
との潜在意識が働くのです。
そして自分が『似合う』『似合わない』は関係なく、皆と同じ
ものを求め、それが一定量に達するとヒット商品となります。

この状況を繰り返されるため、流行やヒット商品は長続きする
ことはありません。





にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
ブログ村「コンサルタント」 ← ブログ村のコンサルタント部門の
                第1位を狙います。
                是非とも応援の『ひと押し』
               
                をお願いします。



無料経営相談 実施中!!
同じカテゴリー(業績向上の仕組みづくり)の記事画像
ポテトチップス元祖の湖池屋、V字回復の戦略/後編
不振のユニー・ファミマHDがドン・キホーテと資本提携
伊藤園「お~いお茶」の牙城を狙うサントリー「伊右衛門」の攻勢/後編
伊藤園「お~いお茶」の牙城を狙うサントリー「伊右衛門」の攻勢/前編
「コンビニおでん」の夏商戦
ライザップが狙う次なるビジネスモデル
同じカテゴリー(業績向上の仕組みづくり)の記事
 ポテトチップス元祖の湖池屋、V字回復の戦略/後編 (2017-09-13 14:42)
 不振のユニー・ファミマHDがドン・キホーテと資本提携 (2017-09-05 09:25)
 伊藤園「お~いお茶」の牙城を狙うサントリー「伊右衛門」の攻勢/後編 (2017-09-03 11:52)
 伊藤園「お~いお茶」の牙城を狙うサントリー「伊右衛門」の攻勢/前編 (2017-09-01 10:37)
 「コンビニおでん」の夏商戦 (2017-08-21 13:09)
 ライザップが狙う次なるビジネスモデル (2017-08-04 11:08)

この記事へのコメント
ブログ大変面白く読ませていただきました。
船井総研ご出身の方は、人の心の機微を踏まえた洞察をされますね。
Posted by 舞田竜宣 at 2010年06月26日 07:37
舞 田 竜 宣 様

コメント、ありがとうございました。
少しでも興味を持って読んでいただいていることに
感謝します。
今後とも、よろしくお願いします。
Posted by 戸塚友康戸塚友康 at 2010年06月27日 15:48
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。