2010年06月08日

「飽和状態」で業績低迷は本当?

マスメディアで良く聞く「〇〇業界は飽和状態」
飽和状態で『売れない』とは本当なのでしようか…?

数字的に見れば「前年割れ」等の厳しい数字が続いていること
を根拠としている内容は、一応の説得力はあります。
確かに右肩上がりの経済状況ではありませんし、簡単に成長が
できない時代に入っている事実もあります。

私自身は少し異なる考えを持っており「飽和状態」との考え方は
消費者の需要(ニーズ)を固定化している。
と考えています。
つまり、消費者の需要が固定している限りは『ヒット商品』は
出にくいし、売上げも伸びにくい。
本当でしょうか…?

例えば家庭用ゲーム機業界も飽和状態と言われながら、今まで
ターゲットに入っていなかった中高年層や主婦層をターゲット
にしたソフト開発を行い、マーケットを広げて大ヒット商品を
出した事実は、どのように解釈すれば良いのでしょう…?

簡単に業績が上がらない、売上が伸びない時代だからこそ、今
現在ある需要に対応するのではなく、潜在的な需要を創造する
ことが必要なのです。

つまり、売り手側が消費者の需要を創り出す。
これが出来ている企業が業績を上げています。

現在のような逆風の時代では、実力がストレートに出ます。
不況の今こそ『商品の価格』や『商品の品揃え』や『新規商品』
だけに偏るのではなく、
提供する価値の範囲を広げ、
攻めの営業戦略に打って出るチャンスだとは思いませんか…?

今日は難しかったですね…  すいません。



にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
ブログ村「コンサルタント」 ← ブログ村のコンサルタント部門の
                第1位を狙います。
                是非とも応援の『ひと押し』
               
                をお願いします。



無料経営相談 実施中!!
同じカテゴリー(戸塚友康コラム)の記事画像
トリュフを使用した製品が相次いで発売
箱根駅伝100回の記念大会から全国化を検討
健康志向の時代反映/納豆の消費が過去最高
岐阜県瑞浪土岐倫理法人会/講演会
高校野球での感動の裏話/ボークを宣告した審判
川栄李奈、衆議院選挙ポスターに大抜擢
同じカテゴリー(戸塚友康コラム)の記事
 トリュフを使用した製品が相次いで発売 (2017-11-17 13:54)
 箱根駅伝100回の記念大会から全国化を検討 (2017-11-11 11:50)
 健康志向の時代反映/納豆の消費が過去最高 (2017-11-09 10:08)
 岐阜県瑞浪土岐倫理法人会/講演会 (2017-11-05 11:26)
 高校野球での感動の裏話/ボークを宣告した審判 (2017-11-03 09:13)
 川栄李奈、衆議院選挙ポスターに大抜擢 (2017-10-22 12:39)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。