2010年04月13日

牛丼業界の仁義無き戦い/吉野家VSすき家

先般、記事に書きました牛丼業界の仁義無き戦いの続編。
吉野家VSすき家

「吉野家」は既存店売上高は前年同月比20.6%の大幅マイナス
13ヶ月連続での前年実績を割り込み、ライバルの熾烈な競争に
勝てず、客離れが続いているようです。
「吉野家」の打開策は4月7日から牛丼並を270円と業界最安値
のキャンペーンを実施しています。

「すき家」は、さらに攻勢をかけて4月9日から牛丼並盛を250円
に値引キャンペーンを実施しています。
また「松屋」も4月12日より牛めし並を250円に大幅に値引する
キャンペーンを実施。
「すき家」と「松屋」は完全に「吉野家」のキャンペーン潰しを狙った
戦略に打って出ています。
「吉野家」の起死回生キャンペーンは効果は限定的にとどまること
となるでしょう・・・
前回の記事でも書きましたが、表面上は『値引き』が勝ち負けの
要因のように映りますが働くスタッフの『質』も大きな格差が出
ている事実もあります。

昨年からスタートしました牛丼業界の値引合戦。
どこまで体力が続くかは不透明ですが、過去の同業界での値引
合戦で業界のトップシェアを取った企業が“しばらくは業界№1”
に落ち着いているのは歴史が物語っています。

少し前には「キリン」と「アサヒ」のビール業界の戦い。
また「キャノン」と「ミノルタ」の戦いも記憶に新しく残っています。
牛丼業界のシェア争いは、どのような決着をみるのか・・・・
『値引合戦』か・・・?
『差別化戦略』か・・・?
どのような戦略で企業の生き残りをかけるか、
失礼ながら、今からワクワク、ドキドキしています。



にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
ブログ村「コンサルタント」 ← 応援の「ひと押し」をお願いします。



無料経営相談 実施中!!
同じカテゴリー(新聞・ネットコラム)の記事画像
珈琲ドリンク市場の環境変化/中型ペットボトルコーヒー
みちのくの怪物がデビュー/岩手大船渡高校の佐々木投手
パナソニック創業100年で組織風土改革
書籍販売にみる環境変化とビジネスモデル
中身が見える缶詰が登場/国内初導入
新たなビジネスモデル「俺の生食パン」
同じカテゴリー(新聞・ネットコラム)の記事
 珈琲ドリンク市場の環境変化/中型ペットボトルコーヒー (2018-07-19 11:20)
 みちのくの怪物がデビュー/岩手大船渡高校の佐々木投手 (2018-07-15 13:16)
 パナソニック創業100年で組織風土改革 (2018-06-30 11:21)
 書籍販売にみる環境変化とビジネスモデル (2018-06-29 10:32)
 中身が見える缶詰が登場/国内初導入 (2018-06-17 09:03)
 新たなビジネスモデル「俺の生食パン」 (2018-06-07 10:17)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。