2010年03月02日

本物の人物の見極め方/恩師の教え

『本物の人物の見極め方を知っているかね・・・?』
7~8年程前の話ですが、私の尊敬している徳島県のある会社の
社長から唐突に投げかけられた言葉でした。
自分なりの回答を探し、何とか回答しましたが・・・・
「難しく考えないでシンプルに考えたらどうだ?」
と言われても、本物の人物の見分け方・・・・  判りません。

「偽者と言うと語弊があるから、人物としての本物の見分け方は・・・

『当たり前の事を
          当たり前として自然にできる人だょ』

チョッピリ期待外れの回答でしたが、ここからが深イイ話し。
「当たり前のことを当たり前にできる人が本物。と言われて
“なるほど”と思わないのは、当たり前の事を当たり前に行う
難しさを判っていない証拠だよ。」
ドキッとするような一言でした。

恩師「戸塚君は結婚式の披露宴に招待されたら何を持って行く?」
私  「ご祝儀ですが・・・・」

恩師「お通夜やお葬式には何を持って行く?」
私  「香典ですが・・・・」

恩師「お中元や御歳暮を貰ったら、どうする?」
私  「お返しを送ります」
恩師「その通り。日本人の文化は、お返しの文化が根付いている
    よね。お返しするのが当たり前だよね」

恩師「手土産を持って会社に訪問されたら、どうする?」
私  「事務所に寄って戴き、お茶を出してお礼を言います」

恩師「では聞くけれど、ビジネスの電話を貰ったらどうする?」
私  「電話に出れなければ、折り返し電話します。」

恩師「では、ハガキや手紙の御礼状を貰ったらどうする?」
私  「・・・・・・」

恩師「貰いっ放しですか・・・・?」
私  「ハイ。お礼のメールは出しますが、ハガキや手紙は残念
    ながら書いていません。」

恩師「御礼状を貰って、返事を書くのは当たり前だょね。」
私  「はい。当たり前のことだと思います。」
恩師「御礼状を貰って、御礼状を出す。これが出来ていても誰も
    褒めるような行動ではないよね。」
私  「はい。」
恩師「人様の企業に指導したり、何か教える立場の人が当たり前
    の事ができないようでは本物とは言えないでしょ。」

私  「その通りです。」
恩師「たった一枚の御礼状ですら書けない人に何が出来るの?」
私  「・・・・・・」
恩師「コンサルタント、税理士、社労士、行政書士とか偉い人は
    たくさん居るけど、本物は見たこと無いよ。」


とても胸に突き刺さる一言でした。
確かに人の見分け方は、千差万別であることは判ります。
しかし、当たり前の事が当たり前にできる。ことの難しさは全く理解
できていませんでした。
むしろ、自分はできている。と勘違いしている自分が居ました。


これを機に「ハガキ道」を教えて戴き、せめて御礼状ぐらいは・・・
『当たり前の事を
          当たり前として自然にできる人』
になれるよう日々、研鑽をするようになりました。
しかし、やればやるほど難しい。

多くは出来ないので、せめて御礼状は当たり前にできるように・・・
まだまだ、研鑽して努力する必要性を強く感じます。
皆さんは『当たり前のことを当たり前に出来ています』か・・・・?




にほんブログ村 経営ブログへ
ブログ村「経営ブログ」   ← 応援の「ひと押し」をお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
ブログ村「コンサルタント」 ← 応援の「ひと押し」をお願いします。



無料経営相談 実施中!!
同じカテゴリー(人間力を磨く)の記事画像
【箱根駅伝 予選会】の明暗
東日本大震災から6年が経過
節分イベント「恵方巻き」大量廃棄の問題
児童虐待の通告が過去最悪
“一連の騒動”を糧にする笹崎里菜アナの人間力
モーニングセミナーの講話/伊賀市倫理法人会
同じカテゴリー(人間力を磨く)の記事
 【箱根駅伝 予選会】の明暗 (2017-10-18 11:47)
 東日本大震災から6年が経過 (2017-03-11 14:44)
 節分イベント「恵方巻き」大量廃棄の問題 (2017-02-01 11:29)
 児童虐待の通告が過去最悪 (2016-03-28 09:23)
 “一連の騒動”を糧にする笹崎里菜アナの人間力 (2015-12-15 10:13)
 モーニングセミナーの講話/伊賀市倫理法人会 (2015-12-01 10:20)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。