2010年02月06日

マーケティング戦略/和菓子屋さんの開運大福

『今年の幸運を開く』
今年こそは幸運を掴みたい。とのキャッチコピーに釣られて、大福を
歳の数だけ予約、購入しました。
名づけて『開運・立春大福』

厄除祈願。
商売繁盛。
受験合格。

本当に全てに開運がありますか・・・・・?

私は厄年ではありませんが、今年の2月2日までは大殺界でしたので、
厄落としの意味を兼ねて、歳の数だけ大福を配りました。

ちょうど当日が(株)山信商店/スーパーやまのぶさん
マーケティング基礎研修でしたので、参加者の皆さんに協力してもらい
厄落としの大福を食していただきました。

近藤広美トレーナー、豪快に(失礼)パクつきました。

食事中、上からすいませんでした。

羽根田チーフ、そんなに慌てなくても・・・・
しかし良いショットが撮れました。


真面目な話しですが、ある和菓子屋さんのマーケティング戦略企画
の大福ですので・・・・  (本当です)
環境分析の一環として、地元での古くからの風習を調査していた
時に判明したのが『厄落とし大福』でした。
これを地域密着型の和菓子屋さんとして活用する企画を立て、大福を
販売する目的ではなく、地元の古い風習を復活させることを目的として
販促を検討し、仕掛作りをしました。
仕掛け人は私。
商品+サービス+地元の風習の復活
地元の人達にも喜ばれ、風習も復活させることができ大成功でした。

商売繁盛の原点は地元の人達に喜ばれる。
地域密着型の商売は、これが最も大切なことですよね・・・・・

価格で競争する。品質で競争する。鮮度で競争する。
確かに大切なことですけれど、それは全ての競合他社が真剣に
考え取り組んでいることですよね。
価格・品質・鮮度、それだけで差別化ができるでしようか・・・・?
差別化の絶対的な要因は『顧客が感動するサービス』です。
勝ち組みになれる唯一の手段、自社における『サービス』
今一度、真剣に考えることをお勧めします。



無料経営相談 実施中!!
同じカテゴリー(顧客感動サービス-事例)の記事画像
50歳の現役Jリーガー誕生/三浦知良選手
フードフェスタの開催/スーパーやまのぶさん
「あったらいいな!」のミニ保険が続々登場/前編
スーパーやまのぶさんの「フードフェスタ」開催
非正社員、初の4割にみる企業のビジネスチャンス
『東京ばな奈』の販売戦略&ブランド構築/後編
同じカテゴリー(顧客感動サービス-事例)の記事
 50歳の現役Jリーガー誕生/三浦知良選手 (2017-01-12 09:44)
 フードフェスタの開催/スーパーやまのぶさん (2015-12-17 11:02)
 「あったらいいな!」のミニ保険が続々登場/前編 (2015-11-12 10:57)
 スーパーやまのぶさんの「フードフェスタ」開催 (2015-11-10 10:46)
 非正社員、初の4割にみる企業のビジネスチャンス (2015-11-05 09:33)
 『東京ばな奈』の販売戦略&ブランド構築/後編 (2015-10-18 12:32)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。