2009年12月01日

感動体験/中学生の卓球大会より

 今日は少し趣向を変えて先日、感動をいただいた体験談を・・・・



 今年6月に「企業家精神啓発事業」という浜松市内の小・中学生
 への外部講師による特別授業を担当させていただきました。
 「働くことの意義」と言うテーマで60分の授業を担当させて戴いた
 中学の卓球大会があり、お誘いを受けたのでネタ探しに(?)カメラ
 片手に出掛けてきました。
 

 会場に着いてビックリ、凄い熱気が…
 感動体験/中学生の卓球大会より
 ひっそりと行っているかと思いきや、
 凄い参加チームと人数。


 57中学校が、男女合わせ600名強の選手が参加。
 感動体験/中学生の卓球大会より
 そこに父兄や選手の友達が集まり、相当な人数がいました。



 卓球台だけで36台、お目当てのチームを探した。探した。
 ようやく見つけてたら、ちょうど試合前のミーティング中。
 感動体験/中学生の卓球大会より
 女性監督が「激」を飛ばしていました。
 怖いよぉ・・・・・・


 そして試合前の挨拶。
 名前に注目。
 「オン」「ゴドイ」「マツサカ」 ん・・・・?
 国際色豊かな大会になっています。 
 感動体験/中学生の卓球大会より 
 国籍は違えど、そこは純粋な中学生。
 チームの勝利の為に必死で戦っていました。

 
 エース登場。苦戦しましたが、なんとか勝利。
 感動体験/中学生の卓球大会より
 とても中学生とは思えぬレベル・・・
 午前中は3戦全勝。


 しかし、午後から負けが込んで結局決勝トーナメントへは
 進出できず、予選リーグで敗退。
 全選手が悔し泣きで試合後は、号泣でした。
 チョッピリ、もらい泣き・・・・


 そういえば、自分自身でも高校・大学の頃は「勝った・負けた」で
 一喜一憂したことを思いだしました。
 勝った喜びより、負けた悔しさ、自分自身の不甲斐なさやチーム
 に迷惑を掛けた時の辛さ・・・・
 思い出しただけでも泣けてくるような鮮烈な思い出。

 記憶にあるのは甲子園に出場した事より、地方大会で負けたこと
 の悔しさ・・・・
 そうでした。勝った喜びも大切だけど、負けて学ぶことも多いので
 悔しさを糧に成長して欲しいものですね。
 
 久しぶりに純粋な中学生の姿と、悔し泣きを見て感動しました。
 やっぱり素直な姿は人を感動させます。
 忘れかけていた『感動』を呼び覚ましてくれて感謝です。



無料経営相談 実施中!!
同じカテゴリー(感動体験)の記事画像
速報! サニブラウン選手が日本新記録 9秒97を記録
昭和の伝説ロックバンドBOOWYが集結
「令和色」のボールペンがSNSで大反響
速報! 男子100㍍サニブラウン選手が日本人2人目の9秒台
日本郵便より「令和元年」の記念切手が発行
「世界一美しいスタバ」がSNSで話題に
同じカテゴリー(感動体験)の記事
 速報! サニブラウン選手が日本新記録 9秒97を記録 (2019-06-08 12:01)
 昭和の伝説ロックバンドBOOWYが集結 (2019-05-21 12:31)
 「令和色」のボールペンがSNSで大反響 (2019-05-18 09:05)
 速報! 男子100㍍サニブラウン選手が日本人2人目の9秒台 (2019-05-12 11:50)
 日本郵便より「令和元年」の記念切手が発行 (2019-04-22 08:33)
 「世界一美しいスタバ」がSNSで話題に (2019-04-14 10:51)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。