2019年04月03日

お酢ドリンク市場が成長拡大の要因

                     
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


お酢のドリンクの市場が成長しているのをご存知でしたか?
全国清涼飲料連合会の統計資料によりますと2018年の「お酢」飲料の
生産量は、前年比27.3%増の3満3500klになっています。
同統計に含まれていない有力ブランドもあるようで、実際の規模は更に
大きく、統計以上の成長・拡大していると見られています。
大手メーカーによりますと、昨年の「お酢」飲料市場は2割増加しており、小売りベースで約210億円まで拡大しているそうです。
2018年は人気テレビ番組で何度も紹介されたことから、成長に勢いがつき、「お酢」ドリンクが一段と注目されています。
お酢ドリンク市場が成長拡大の要因
*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








Mizkanは「お酢」飲料が前年比にて約3割近い増で推移し、500mlの
濃縮タイプ8品と、1のストレートタイプ9品を展開しています。
トライアルしやすいストレートタイプが好調で、国産玄米を100%使って醸造した黒酢に果汁を加えた「ブルーベリー黒酢」や「りんご黒酢」などが飲みやすさから人気を集めているようです。

タマノイ酢も主力商品の「はちみつ黒酢ダイエット」だけでなく、テレビ番組で取り上げられた「はちみつりんご酢ダイエット」が前年を大きく上回る好調な売れ行きを示しています。 新製品も検討中。
お酢ドリンク市場が成長拡大の要因
*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








ヤクルトが展開するトクホ飲料「黒酢ドリンク」も前年対比約10%増
と売れ行きは好調。 紀州南高梅を使用したうめ果汁を組み合わせた、
すっきりした味わいでリピーターが多いのが特徴のようです。
カロリーは1本あたり23㎉に抑えており、1Lタイプも好調です。

今後は「お酢」ドリンクがどれだけの人達に広がるか、またトップブランドは何処に落ち着くのか、楽しみな市場です。













無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。




※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。