2019年02月17日

ガム業界大幅な衰退/環境変化 前編

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


ここ最近、ガムを噛んでいるいる人を見かけなくなった。と感じること
が多くなったのですが統計を見てみますと、ガムの販売不振が急速な勢
いで起こり、最盛期の半分程度に落ち込んでいることが判りました。
時代の環境変化と言ってしまえばそれまでですか、ガム業界での急激な
販売不振の時代背景はなんであったのでしようか。
またガム業界の復活はあるのでしょうか。
ガム業界大幅な衰退/環境変化 前編
*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








コンビニエンスストアの「ガムコーナー」を見てみますと、最も目立つ位置にあるのが数多くの「グミキャンディー」コーナーであり、その下には「ミントタブレット」がずらりと並んで、ガムはさらに下の足元の
最下段に陳列されています。

ガムの業界団体「日本チューイングガム協会」によりますと、2017年のガムの小売金額は1005億円であり、ここ10年以上は減少傾向に歯止めが掛からずピークの売上を誇った2004年比で47%減と半分の水準に落ち込んでいます。
2018年の売上は公表されていませんが、1000億円を割り込むことになれば1987年以来となり、まさに正念場を迎えます。
ガム業界大幅な衰退/環境変化 前編
*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








少子高齢化が菓子業界全体に影響して業績が下降している。かと思えば状況は少し異ることが判ってきました。
2017年「チョコレート」は35%、「スナック菓子」は19%、それぞれ2004年より売上は伸びています。
菓子類の分類が11種類のジャンルがありますが、全体を比較しても2004年に比べて約8%伸びており、ガム以外で最も減少が目立つのは「せんべい」類であり、それでも減少は10%程度ですので、ガムの減少が飛び抜けて大きいのです。

次回、「ガム業界」の大幅な減少の原因と時代背景を探ります。





















無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。





無料経営相談 実施中!!
同じカテゴリー(業績向上の仕組みづくり)の記事画像
300円ショップ「ミカヅキモモコ」の戦略
山崎製パンの「ランチパック」が売れ続ける要因/後編
山崎製パンの「ランチパック」が売れ続ける要因/前編
北九州の強烈のできるソールフード「資さんうどん」の戦略
10年で2倍の「グミ市場」の成長要因
進化系タピオカが大人気、トレンドに!
同じカテゴリー(業績向上の仕組みづくり)の記事
 300円ショップ「ミカヅキモモコ」の戦略 (2019-07-17 11:20)
 山崎製パンの「ランチパック」が売れ続ける要因/後編 (2019-07-15 11:53)
 山崎製パンの「ランチパック」が売れ続ける要因/前編 (2019-07-13 09:38)
 北九州の強烈のできるソールフード「資さんうどん」の戦略 (2019-07-06 14:22)
 10年で2倍の「グミ市場」の成長要因 (2019-07-03 10:05)
 進化系タピオカが大人気、トレンドに! (2019-07-01 11:32)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。