2018年11月25日

関西食パン企業が大躍進/第2弾「Panya芦屋」

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


前回の記事で「関西食パン企業が大躍進/第一弾“一本堂”」を投稿させていただきました。 本日の第二弾は「Panya芦屋」です。
Panya芦屋2016年9月に関西の高級住宅地街でしられる兵庫県芦屋市にオープンした、まだ知名度が高くない店舗です。
プレオープンで300人が行列を作り、ネット上では話題となりました。
特徴は低温長時間塾生により、耳までやわらかく美味しい完全無添加の最上級の食パンを提供することでファンが多い店舗です。
関西食パン企業が大躍進/第2弾「Panya芦屋」
*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








「Panya芦屋」の商品は、食感にこだわって、毎日丁寧に焼き上げられる「SELECT(セレクト)」。1本650円。
そのまま食べると耳までやわらかく、軽くトーストにすると甘味が増すのが特徴です。卵は一切使用していないというから驚きです。

そして、ほんのり優しい甘さとバターの香りが広がる「PREMIUM(プレミアム)」。1本750円。
厳選された素材を使用して、密度の高く“もっちり”とした生地に仕上げられているが特徴です。 同じく卵は一切使用していません。
関西食パン企業が大躍進/第2弾「Panya芦屋」
関西食パン企業が大躍進/第2弾「Panya芦屋」
*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








2016年に第1号店がオープンしてから、1017年9月に神戸市中央区の
三宮店を出店、2017年11月には世田谷区の駒沢公園近くに東京初出店
を果たしています。
さらに2018年5月に「尾山台店」、8月には「玉川高島屋SC店」と、立て続けに世田谷区に出店して勢力を拡大しています。
関西食パン企業が大躍進/第2弾「Panya芦屋」
関西食パン企業が大躍進/第2弾「Panya芦屋」
*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








現在、「Panya芦屋」は神戸と東京に5店舗を展開しており全国的に知名度は低いのですが、評判は高い店舗です。
今後は全国展開に打って出るのか。或いは希少価値の高い再起一番店として地域密着型の店舗として確立していくのか。全国FC店を展開していくのか。出店戦略が楽しみです。















無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。





無料経営相談 実施中!!
同じカテゴリー(業績向上の仕組みづくり)の記事画像
300円ショップ「ミカヅキモモコ」の戦略
山崎製パンの「ランチパック」が売れ続ける要因/後編
山崎製パンの「ランチパック」が売れ続ける要因/前編
北九州の強烈のできるソールフード「資さんうどん」の戦略
10年で2倍の「グミ市場」の成長要因
進化系タピオカが大人気、トレンドに!
同じカテゴリー(業績向上の仕組みづくり)の記事
 300円ショップ「ミカヅキモモコ」の戦略 (2019-07-17 11:20)
 山崎製パンの「ランチパック」が売れ続ける要因/後編 (2019-07-15 11:53)
 山崎製パンの「ランチパック」が売れ続ける要因/前編 (2019-07-13 09:38)
 北九州の強烈のできるソールフード「資さんうどん」の戦略 (2019-07-06 14:22)
 10年で2倍の「グミ市場」の成長要因 (2019-07-03 10:05)
 進化系タピオカが大人気、トレンドに! (2019-07-01 11:32)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。