2018年11月13日

成長産業の製薬業界での環境変化

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


日本経済の数少ない成長産業として見られていました「製薬品業界」で
大きな異変が起きています。
従業員削減や再配置の実行・検討が活発に行われています。
薬価の引き下げや後発医療品の普及、営業関連の規制強化といった環境
変化が背景にあり、整地用が期待できる事業領域をどのように伸ばすか
が問われる「生き残り戦略」試されている時期です。

製薬業界大手の大正製薬は今年7月に創業以来初の「早期退職制度」を
募集して、グループ全体の約15%にあたる948人が応募しました。
短期的に人員の配置には悩む場面が多くなり、中長期的に成長に必要な人材の確保・育成も大きな課題となってきます。
同社は一般用医薬品などを扱うセルフメディケーション事業の主力商品であるドリンク剤「リポビタン」シリーズが収益低下で苦戦中です。
打開策は海外向けの一般薬事業の伸びしろに活路を見つけています。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








業績が比較的好調な塩野義製薬にも人員構成見直しの動きがあります。
社長は「現時点では早期退職の必要性は考えていない。しかし、医療情報担当者(MR)に人数については、現在の1000名プラスαは多いと思う。数年をかけて社内での再配置を行う」と語っています。
MR認定センターによりますと、医療機関の97.2%が、医療情報担当者(MR)の訪問を規制する枠組みが存在することが報告されています。
医師や薬剤師が多忙とい側面と、製薬会社との癒着防止が理由です。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








また製薬業界では「アステラス製薬」「エーザイ」も人員削減の方針を打ち出し、早期退職の募集をスタートさせています。
製薬業界の医療情報担当者(MR)の人数が減り、役割が変化すれば代わりのビジネスが伸びる可能性も秘めています。
既に医薬品卸売企業では、営業部隊にMR資格の取得を推奨し、医療用医薬品の製造販売後調査(PMS)を受託する事業に取り組んでいる企業も現れています。

医薬品業界を取り巻く環境変化は急速に変わっており、今後も法規制を含め劇的に変化することが予測されます。
私たちの生命を守る業界でもあり、注意深く見守っていきます。


















無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。





無料経営相談 実施中!!
同じカテゴリー(優良企業の戦略)の記事画像
加熱する高級食パン業界/俺のベーカリー&カフェ
コンビニ業界のおにぎりの歴史を変えた「悪魔のおにぎり」/後編
コンビニ業界のおにぎりの歴史を変えた「悪魔のおにぎり」/前編
加熱する高級食パン業界/セントルザベーカリー
湖池屋が「ポテトの素顔」が発売
「モノタロウ」にみる業績向上の要因
同じカテゴリー(優良企業の戦略)の記事
 加熱する高級食パン業界/俺のベーカリー&カフェ (2018-12-14 11:27)
 コンビニ業界のおにぎりの歴史を変えた「悪魔のおにぎり」/後編 (2018-12-11 12:05)
 コンビニ業界のおにぎりの歴史を変えた「悪魔のおにぎり」/前編 (2018-12-09 11:37)
 加熱する高級食パン業界/セントルザベーカリー (2018-12-05 11:39)
 湖池屋が「ポテトの素顔」が発売 (2018-12-02 08:32)
 「モノタロウ」にみる業績向上の要因 (2018-11-30 09:58)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。