2018年11月03日

「かつや」のカツ丼が好調な戦略

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


とんかつ専門店「かつや」を運営するアークランドサービスが2007年
の上場以来、10期連続の増収増益と好調を維持しています。
2018年12月期も売上高300億円、営業利益42億円と、ともに過去最高
の数字を見込んでおり、売上高営業利益率は10%以上と業界でも屈指
の利益率を誇り、好調な推移を継続しています。
「かつや」が好調な要因である戦略を記事にして投稿します。
「かつや」のカツ丼が好調な戦略
*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








「かつや」のとんかつの特徴は、何といっても低価格にあります。
看板メニューの「カツ丼」は529円という安さを誇っています。
さらに会計時には、次回の来店に使える100円割引券を渡してリピートを狙う戦略が当たり「100円の割引券の使用率は5割超」と驚異の数字で固定客の獲得に大きく貢献しています。
「かつや」は何故、こんなに安くとんかつを提供できるのか。
「かつや」のカツ丼が好調な戦略
*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








その秘密は特徴のオートフライヤーが大きな要因のようです。
衣をつけた豚肉をフライヤーに入れると、時間や温度等が自動的に管理
されてベルトコンベアーで出てくる仕組みになっています。
豚肉を揚げる時間も3分程度と短く、素早く提供できる強みと熟練された職人では無くても美味しい「カツ丼」を提供できます。
利益率の高さは人件費が抑えられる仕組みが大きな要因です。
また、ランチタイムでは500円、600円、650円の3種類の絞り込んだランチメニューを提供して、一人当たりの平均滞在時間を15分と驚異の回転率で収益をあげています。
「かつや」のカツ丼が好調な戦略
*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








既存店の中には売り上げが伸び悩みの店舗もあります。
そのような店舗ではテコ入れ策として「持ち帰り専用窓口」を設置したり、同社の第2の柱として新たな店舗も着々と育成しています。
新しい店舗は、唐揚げ店「からやま」です。
国内ではまだ43店舗ですが、今後は出店計画を加速させていく予定のようです。

今後の「かつや」を中心としたアークランドサービスに注目です。
















無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。





無料経営相談 実施中!!
同じカテゴリー(業績向上の仕組みづくり)の記事画像
今度はLINE(ライン)が仮想通貨取引所を開設
令和の「新時代チェキ」のマーケティング戦略/後編
令和の「新時代チェキ」のマーケティング戦略/前編
「焼肉のファーストフード店」が登場/おひとり様焼肉
令和も快進撃「スターバックス」の商品戦略
アイスクリーム業界の新販売戦略/ロッテ「爽」
同じカテゴリー(業績向上の仕組みづくり)の記事
 今度はLINE(ライン)が仮想通貨取引所を開設 (2019-06-26 10:56)
 令和の「新時代チェキ」のマーケティング戦略/後編 (2019-06-21 11:13)
 令和の「新時代チェキ」のマーケティング戦略/前編 (2019-06-20 11:03)
 「焼肉のファーストフード店」が登場/おひとり様焼肉 (2019-06-18 13:16)
 令和も快進撃「スターバックス」の商品戦略 (2019-06-16 12:34)
 アイスクリーム業界の新販売戦略/ロッテ「爽」 (2019-06-14 13:29)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。