2018年09月04日

「仮想通貨は国民のお金」とロバート・キヨサキ氏が発言/後編

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


前回、私のブログでは初めて「金融市場」の記事を投稿させていただきましたが、予想以上の反響があり驚きました。
日本でも「仮想通貨」は着実に浸透していることが判りました。
新聞、雑誌、マスコミ、ネットでも「仮想通貨」の記事が無い日がないぐらい聞き慣れたことも要因のひとつだと思います。
前回の「仮想通貨は国民のお金」とロバート・キヨサキ氏が発言/前編
に引き続き、本日は後編を記事にさせていただきます。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。









前回の記事にて日本でも大ベストセラーとなった『金持ち父さん、貧乏父さん』の著者で有名なロバート・キヨサキ氏の金融市場が近い将来に大暴落するという発言をしていることは投稿しました。
その発言の根拠は「フェイクマネー」の存在だと著者は言っています。

では近い将来の金融市場の大暴落に際しての対処方法をロバート・キヨサキ氏は金の購入を勧めています。
「問題なのは米ドルが目に見えない存在にになってしまったことによって、彼らが好きなだけ印刷することができたということです。一般の人々がすべきことはオーストラリアのバースミントから金や銀を買うことです。“米ドルが下がれば金が上がります。”
この発言はオーストラリアのメディアとのインタビューで語られた大変に意味深な、ある意味説得力のある発言内容です。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







またロバートキヨサキ氏は「仮想通貨」を熱烈に支援しています。
そして同氏は、現在の世の中のお金を
★神のお金
★政府のお金
★国民のお金
という、3つのお金があると述べています。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








神のお金
★神のお金とは金と銀である。と語り、例えゴキブリが絶滅してもその両方が存在するといいます。つまり金と銀は本質的に永遠の存在であることを示しているのです。

政府のお金
★政府のお金とはドルゆユーロ、円などの法定通貨を指しています。同氏はそれら政府のお金は「危険にさらされている」と述べています。現に日本でも1946年2月16日に「預金封鎖」が行われ、遠回しに言えば国が国民の財産奪った形が行われました。

国民のお金
★同氏は国民のお金は仮想通貨である。と述べており、最終的には金や銀、そして仮想通貨が米ドルやユーロ、円に変わることになるだろう。と語っています。


真相は判りませんが、世界的に有名な投資家・金融アナリストがいっている「近い将来の金融市場の大暴落」がデマとは言い切れない金融不安があることも事実です。















無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。





無料経営相談 実施中!!
同じカテゴリー(戸塚友康コラム)の記事画像
講演会の告知をさせていただきます。
世界中でビットコインATMが4000台が設置。
2019年にデジタルマネーでの給与支払いが始まる
平成の大ヒット商品「プリクラ」が激減の危機
NHK特集 お金が消える!?
大混乱が予測される「軽減税率」の矛盾
同じカテゴリー(戸塚友康コラム)の記事
 講演会の告知をさせていただきます。 (2018-11-18 13:01)
 世界中でビットコインATMが4000台が設置。 (2018-11-14 12:58)
 2019年にデジタルマネーでの給与支払いが始まる (2018-11-10 12:11)
 平成の大ヒット商品「プリクラ」が激減の危機 (2018-11-06 11:28)
 NHK特集 お金が消える!? (2018-10-28 10:58)
 大混乱が予測される「軽減税率」の矛盾 (2018-10-26 12:38)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。