2018年08月11日

熱中症の予防対策の食材ランキング

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


今年の夏は異常な暑さが続き、猛暑日が通常になっています。
連日、熱中症での救急車搬送のニュースが流れますが皆さんは熱中症の
対策は万全にしていますでしょうか。
熱中症にならないための対策は、何といっても水分補給が一番です。
水分補給の時、冷たいビールやアイスコーヒー、ジュースなどでの水分
補給は実はあまり効果が無いことはご存知ですか。
アルコールやカフェインは尿の量を増やし、摂取した以上に水分を排出
してしまうこともあり、ジュースや炭酸飲料などの糖質量が多いものも
血糖値が急上昇してしまうこともあり要注意です。

一方、暑くなると食欲がなくなり「そうめん」や「そば」ばかりになり
栄養面で偏ってしまいますとエネルギー不足に陥ります。
熱中症の予防にお勧め食材をご紹介します。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきます。







熱中症予防に効果のある食材ランキング。
第1位「豚肉」
豚肉には疲労回復に役立つビタミンB1が豊富に含まれており、ヒレ肉やモモ肉といった赤身の多い部位に含まれます。
疲労回復や倦怠期には最適の食材のようです。

第2位「納豆」
納豆の原料である大豆にはビタミンB1が多く含まれ、汗と共に失われてしまうカリウムが豊富です。
発酵することで栄養素も吸収しやすく、腸内環境を整えた体調維持に役立ち、カルシウムやマグネシウムといった汗と一緒に流れてしまうミネラルも補える熱中症予防にお勧めです。

第3位「モロヘイヤ」
夏の野菜で栄養価が高いモロヘイヤ、カリウムが豊富に含まれ他にもカルシウムや鉄分も含まれています。
造血のビタミン葉酸も野菜の中ではトップクラスの含有量を誇り、熱中症予防には最適です。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきます。







第4位「枝豆」
枝豆に含まれるオルニチンという栄養素は、アルコールを分解を促し、肝機能を回復する効果があります。
ビダミンB1、カルシウム、タンパク質を摂取することができ、熱中症予防とともに、冷たいビールが飲み過ぎる可能性があり、二日酔い対策にも有効です。

第5位「梅干し」
梅干しにはクエン酸が豊富で体内のエネルギー代謝を効率よくする働きがあり、疲労回復を早めることが期待で゛来ます。
さらにカルシウムの吸収を高め、酸味によって食欲増進に繋がります。
ただし、塩分が強いため1日1個と決めて食べるようにしたり、減塩のものを選んだりすることがお勧めです。


熱中症には細心の注意をはらい、酷暑の夏を乗り切りましょう。













無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。




※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。