2018年04月09日

コッペパンが史上空前の大ブーム

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


日本人が子供の頃には給食で必ずお世話になった「コッペパン」
戦後の高度成長時代には欠かせない存在だったコッペパンが現在、空前
の大ブームになっていることをご存知でしたか。

私達の日常生活に当たり前のように存在している「コッペパン」ですが
、実は大正時代に日本で誕生した日本オリジナルのパンです。
「丸十製パン」がイースト製法のコッペパンを開発し、食パンより携帯
に便利なコッペパンを陸軍の糧食委託となった経緯があります。
個人的には京都にある「HAPPY BUNS」が大好きですか・・・


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。




日本の伝統食である「コッペパン」が現在、空前の大ブームなのですが
きっかけとなったのは、2013年に東京亀有にオープンしたコッペパン
専門店「吉田パン」のブレイクだといわれいます。
焼きたての大きなコッペパンに甘いジャムや総菜などを目の前で挟んで
提供するスタイルで、常時40種類近いメニュー揃っている超人気店。
現在は北千住ルミネにも店舗を構えています。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






この「吉田パン」のブレイクをきっかけにして、都内を中心として急激
に「コッペパン」専門店がが増えています。
創業500年を誇る老舗和菓子店の「とらや」も、新業態にてオリジナル
のあんペーストとクリームチーズを挟んだ「あんコッペ」を販売。
季節の素材を使ったシーズなる商品を展開するなど、女性客を中心とし
た新たな「コッペパン」の市場を切り開いています。
さらに店舗展開を推進する「パンの田島」や、千葉駅構内では大人気の
「カワシマパン」は大手が別ブランドで業界に参入してきています。

そんな中、珈琲チェーン店の「コメダ珈琲店」が満を持して、2017年
より「コッペパン」商戦に参入し、競争が激化してきています。
スタートはテイクアウト専門業態「やわらかシロコッペ」を名古屋や都内のデパートで期間限定で販売し、今年3月にはセルフサービス型店舗「コメダスタンド」をオープンさせました



*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






昔懐かしい「コッペパン」の再評価の高まりによる大ブーム。
価格も手ごろで消費者にとっては、とても嬉しい商品であり、ブームに
なるのも判るような気がします。
この「コッペパン」ブームが、いつまで続くか楽しみです。











無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。





無料経営相談 実施中!!
同じカテゴリー(業績向上の仕組みづくり)の記事画像
ウナギそっくりの「ほぼうなぎ」が大好調/カネテツデリカフーズ
珈琲ドリンク市場の環境変化/中型ペットボトルコーヒー
名古屋栄の名店「丸栄」が閉店にみる環境変化
カラムーチョが人気再燃の要因
コンビニ大手のファミリーマートの次なる戦略/後編
コンビニ大手のファミリーマートの次なる戦略/前編
同じカテゴリー(業績向上の仕組みづくり)の記事
 ウナギそっくりの「ほぼうなぎ」が大好調/カネテツデリカフーズ (2018-07-20 10:32)
 珈琲ドリンク市場の環境変化/中型ペットボトルコーヒー (2018-07-19 11:20)
 名古屋栄の名店「丸栄」が閉店にみる環境変化 (2018-07-11 11:06)
 カラムーチョが人気再燃の要因 (2018-07-09 11:12)
 コンビニ大手のファミリーマートの次なる戦略/後編 (2018-07-08 11:16)
 コンビニ大手のファミリーマートの次なる戦略/前編 (2018-07-03 13:47)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。