2018年01月13日

三菱UFJが仮想通貨の取引所開設

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


三菱UFJファイナンシャルグループ(MUFG)は、独自に開発中の
仮想通貨「MUFGコイン」を発行するため、新たな取引所を開設する
方針を決めたようです。
取引所を自ら管理することでコインの価格の変動を抑え、安定的に決済
や送金に使えるようにするシステムを構築するようです。
邦銀による仮想通貨の発行や取引所開設は初めてであり、2018年度中
の実現を目指しているようです。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







MUFGはスマートフォンにダウンロードしたアプリを通じてMUFG
コインを利用者間の送金や加盟店での買い物などの代金支払いに使える
ようにします。管理システムの大幅変更が不要な「ブロックチェーン」
という技術を用いて行く予定です。
いつでも同時送金ができ、手数料も大幅に引き下げの利点があります。

またMUFGは利用者に安心してコインを使ってもらう目的のために、
「1MUFGコイン=1円」に価格を安定させる方針のようです。
現金の前払い方式の電子マネーなどとして円と同じ価値のコインを発行
した場合には銀行を介さずに100万円超の送金を禁じる資金決済法が
適用されることになり、企業の利用での制約もあれます。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







一方、仮想通貨としてコインを発行すれば法定の「お金」とは見なされ
ず、100万円超の送金が可能になるが、コインの価格を固定すること
ができなくなります。仮想通貨の代表例であるビットコインは管理者が
おらず、全世界で自由に取引されることで投機資金が流入するなどして
価格が激しく変動しています。
このためにMUFGはコインを仮想通貨として発行する一方で、独自の
取引所を開設して取引を利用者とMUFGの間だけにとどめるなどして
コインの価格をほぼ1円になるように誘導するようです。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






昨年2017年が「仮想通貨元年」といわれてますが、いよいよ大手邦銀
が仮想通貨に本格的に乗り出してきました。
インターネット上だけで取引されていた「仮想通貨」を無視することができない状況になることが予測されてきました。


















無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。





無料経営相談 実施中!!
同じカテゴリー(優良企業の戦略)の記事画像
スターバックスの戦略、新作「SAKURA」シリーズ
恵方巻きの大量廃棄問題に一石
「はなまるうどん」好調の要因
大塚食品「ボンカレー」50周年で新たな戦略
ヤフーオークションの決済が「Yahoo!かんたん決済」に限定
モスバーガーの業績不振の要因は?
同じカテゴリー(優良企業の戦略)の記事
 スターバックスの戦略、新作「SAKURA」シリーズ (2018-02-16 09:13)
 恵方巻きの大量廃棄問題に一石 (2018-02-06 11:03)
 「はなまるうどん」好調の要因 (2018-02-02 10:34)
 大塚食品「ボンカレー」50周年で新たな戦略 (2018-01-23 09:23)
 ヤフーオークションの決済が「Yahoo!かんたん決済」に限定 (2018-01-17 16:45)
 モスバーガーの業績不振の要因は? (2018-01-15 14:05)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。