2017年10月07日

苦戦の流通業界でドン・キホーテが好調の要因/後編

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!


前回の投稿で「苦戦の流通業界でドン・キホーテが好調の要因/前編」
を記事にしましたが、本日は後編をお届けします。
ドン・キホーテ最大の業績向上の要因は「徹底した低価格路線」である
ことはお伝えしましたが、大きな要因の中には2007年の長崎屋買収に
よる「MEGAドン・キホーテ」の存在が大きく貢献してきました。
生鮮を含め食料品を手掛けるようになり、昼型のファミリーや中高年層
を含むターゲットが広がったことも大きな要因です。
苦戦の流通業界でドン・キホーテが好調の要因/後編
*インターネットより関連写真を抜粋させていただきます。






そして今年7月に6万円を切る50インチの4Kテレビを販売、初回出荷
台数の3000台が僅か1週間で完売し、大きな話題となりました。
これもドン・キホーテのPB商品(プライベートブランド)なのです。
東芝の「レグザ」に使われている受信システムを採用しているので品質
は折り紙付きの高品質、最新モデルの「レグザ」より機能が若干落ちる
ため、低価格で開発・販売ができたのです。
消費者にとっては、たとえ型落ちとはいえ4Kのテレビが6万円以下で
購入できるとなれば、機能は若干落ちても全く問題にならないので今回
の大反響となったと思われます。
苦戦の流通業界でドン・キホーテが好調の要因/後編
苦戦の流通業界でドン・キホーテが好調の要因/後編
*インターネットより関連写真を抜粋させていただきます。






このように総合スーパー(GMS)や食品スーパー(SM)、家電量販
店、コンビニなどの顧客を奪いながら、ドン・キホーテのは毎年のよう
に成長発展を続けて行く戦略を実行しています。
撤退予定の総合スーパーから出店依頼が数多く来ているとの話もあり、
今年の5月には東海地区の大手GMSのユニー・ファミリーマートとの
業務提携も発表し、更なる飛躍を狙っています。
アピタやピアゴなどの不採算店が今後は「MEGAドン・キホーテ」と
して転換し、新たなビジネスチャンスが広がっていくことでしょう。
苦戦の流通業界でドン・キホーテが好調の要因/後編
*インターネットより関連写真を抜粋させていただきます。






最後にドン・キホーテの魅力をある専門家が分析しています。
「ドン・キホーテにはコンビニやドラックストアにはない、リアル店舗
の魅力が満載している。 それは、売場や格安商品などが常な変化する
“ワクワク・ドキドキ”感があるエンターテイメント性が高い店舗である
ことが最大の魅力なのです。特に女性の購買心理を高めるにはお買い物
“ワクワク・ドキドキ”することが不可欠です。」
と分析しています。

安くて良いモノを。といった消費者の当たり前の購買心理にプラスした
「ワクワク・ドキドキ感」の楽しみが付加されたドン・キホーテ。
まだまだ快進撃が続きそうですね。
















無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。





無料経営相談 実施中!!
同じカテゴリー(業績向上の仕組みづくり)の記事画像
300円ショップ「ミカヅキモモコ」の戦略
山崎製パンの「ランチパック」が売れ続ける要因/後編
山崎製パンの「ランチパック」が売れ続ける要因/前編
北九州の強烈のできるソールフード「資さんうどん」の戦略
10年で2倍の「グミ市場」の成長要因
進化系タピオカが大人気、トレンドに!
同じカテゴリー(業績向上の仕組みづくり)の記事
 300円ショップ「ミカヅキモモコ」の戦略 (2019-07-17 11:20)
 山崎製パンの「ランチパック」が売れ続ける要因/後編 (2019-07-15 11:53)
 山崎製パンの「ランチパック」が売れ続ける要因/前編 (2019-07-13 09:38)
 北九州の強烈のできるソールフード「資さんうどん」の戦略 (2019-07-06 14:22)
 10年で2倍の「グミ市場」の成長要因 (2019-07-03 10:05)
 進化系タピオカが大人気、トレンドに! (2019-07-01 11:32)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。