2017年07月29日

スターバックスお茶専門店「ティバーナ」が米国全店で閉店

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!



21世紀の勝ち組み企業として、業績向上が続いているスターバックス
ですが傘下にある、お茶専門店を運営するティバーナ(Teavana)が
米国内にある379店舗を全て閉鎖するという衝撃的なニュースが飛び
込んできました。
業績不振が続いていた同チェーン店の戦略的な見直しを検討したようで
すが「業績不振が続く可能性が高い」という最終判断のもと、2018年
春までに全店の営業を終了します。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







同社によりますと閉鎖に伴う従業員3300人は、スターバックス店舗で
再雇用の機会を提供し、雇用確保に全力で取り組むようです。
スターバックスに近い立場のアナリストは「スターバックスが5年前に
比べて、困難なビジネス環境に置かれていることは間違いない。小売業
全般が軟調であり、特に朝食ビジネスの伸び悩みが大きな課題となって
いる。」と危機感が大きいとのコメントを残しています。
また働くスタッフの賃金の上昇率も大きな課題となっているようです。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






スターバックスのCEOは、決算報告と同時に公表された文書の中では
「業界全体を観れは、わが社の主導的な立場はさらに強化されている。
だが、第3四半期の業績と小売・外食部門への圧力となっている現在の
マクロ経済を考慮すれば、次の四半期に向けて、やや慎重な姿勢をとる
べきと考えた」と述べています。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






勝ち組み企業として時代を謳歌してきたスターバックスにも、いよいよ
陰りが見え始めてきたのでしょうか・・・・・
言わずと知れた「企業は環境適応業」です。
今後のスターバックスがマクロ環境、ミクロ環境をどのように察知して環境に適合とした戦略を実行するか、注目です。


















無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。





無料経営相談 実施中!!
同じカテゴリー(優良企業の戦略)の記事画像
ウナギそっくりの「ほぼうなぎ」が大好調/カネテツデリカフーズ
珈琲ドリンク市場の環境変化/中型ペットボトルコーヒー
カラムーチョが人気再燃の要因
コンビニ大手のファミリーマートの次なる戦略/後編
コンビニ大手のファミリーマートの次なる戦略/前編
パナソニック創業100年で組織風土改革
同じカテゴリー(優良企業の戦略)の記事
 ウナギそっくりの「ほぼうなぎ」が大好調/カネテツデリカフーズ (2018-07-20 10:32)
 珈琲ドリンク市場の環境変化/中型ペットボトルコーヒー (2018-07-19 11:20)
 カラムーチョが人気再燃の要因 (2018-07-09 11:12)
 コンビニ大手のファミリーマートの次なる戦略/後編 (2018-07-08 11:16)
 コンビニ大手のファミリーマートの次なる戦略/前編 (2018-07-03 13:47)
 パナソニック創業100年で組織風土改革 (2018-06-30 11:21)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。