2017年07月27日

東京観光「はとバス」が好業績を継続

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!



東京観光コースの代名詞と言われる「はとバス」の業績が好調です。
2016年度(2016年7月~2017年6月)の東京観光コース利用人数は、
前年比9.6%増の93万4300人となり、バブル全盛の1989年に匹敵する
好調な推移となっています。
4年ほど前には「優良企業の戦略/はとバス」の記事を書きましたが、
相変わらず好調の要因はどこなあるのか検証しました。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






「はとバス」の利用状況を見ますと、おもしろい結果となっています。
昼コースが前年比11.5%増の71万8173人。
夜コースが前年比14.5%増の11万8630人。
と、どちらも2桁の伸びを示しています。 一方では訪日外国人向けの
コースの利用は5.6%減の8万3879人、団体での貸切利用は15.4%減
の1万3624人と落ち込んだものの、国内利用者の増加が目立っいます。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






同社では国内需要好調の要因を「新宿バスターミナルの開業、赤坂離宮
迎賓館の一般公開、国立西洋美術館の世界文化遺産登録、ギンザシック
スの開業、築地市場の移転問題などの報道と当社の観光コースとマッチ
した結果が利用していただいた要因では。」
と語っています。
国内需要の中でも地方の客足が戻ったことが背景にあるようです。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







確かに環境変化や外的要因は上記のことが影響していることも事実だと
思いますが「はとバス」の人気は違う部分で消費者は評価している。と
私自身は思っています。

「はとバス」はサービスがお客様本位であり、企業の都合を優先しない
数少ない本物の顧客志向企業であります。
①どこの観光スポットでも並ばない。待たせない。
②ほとんどのツアーが安価(1万円以内が圧倒的)
③当日券があれば、出発5分前でもドタ参できる。
④バスガイドさんの教育が徹底されている。評判が良い。
⑤ツアー限定の食事が堪能できるコースが多い。
⑥女性限定のツアーが大好評(新宿歌舞伎町ホストクラブツアー等)



これだけでも同業他社と大きな差別化ができています。
今後も「本物の顧客志向」で成長発展して行くことが予想されます。














無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。





無料経営相談 実施中!!
同じカテゴリー(業績向上の仕組みづくり)の記事画像
新しいビジネスモデル「ファーストキャビン」
Facebookが純利益79%増収
ガリガリ君リッチ/温泉まんじゅう味の戦略
かっぱ寿司、新たな戦略/食べ放題・1貫50円
崎陽軒「シウマイ弁当」の商品開発
ドコモ「2画面スマホ」の開発・販売を発表
同じカテゴリー(業績向上の仕組みづくり)の記事
 新しいビジネスモデル「ファーストキャビン」 (2017-11-13 10:50)
 Facebookが純利益79%増収 (2017-11-07 10:39)
 ガリガリ君リッチ/温泉まんじゅう味の戦略 (2017-11-01 10:29)
 かっぱ寿司、新たな戦略/食べ放題・1貫50円 (2017-10-28 09:13)
 崎陽軒「シウマイ弁当」の商品開発 (2017-10-26 10:50)
 ドコモ「2画面スマホ」の開発・販売を発表 (2017-10-20 11:02)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。