2017年06月29日

回転寿司チェーン業界の激変、「はま寿司」が大躍進/商品篇

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。
無料経営相談 実施中!!




回転寿司業界で「はま寿司」の成長には目を見張るものがあります。
現在の店舗数は全国472店舗であり、競合店の「スシロー」466店舗、
「くら寿司」417店舗、「かっぱ寿司」341店舗を抜き、回転寿司業界
でトップに立っています。
数年前までの回転寿司業界では、かっぱ寿司がトップブランドであり、
スシロー、くら寿司が続き、大手3大チェーン店と呼ばれていましたが
2002年に開業した「はま寿司」が割って入り、今では4大チェーンと
並び称される状況に激変しています。
創業間もない「はま寿司」の成長・発展の秘密は何処にあるのか。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。








「はま寿司」の最大の特徴は平日1皿90円の価格設定にあり、他の大手
チェーン店が1皿100円で提供していることを考えると1割ほど安価で
提供していることが真っ先に思いつきます。

また月に必ず2回のフェアを開催しており、最近でも「大とろ祭り」を
開催して、大とろを平日1皿90円、休日100円で提供しています。
結果は大反響であり、来店したお客様は漏れなく注文する人気であり、
満足度の高さでは群を抜いていると評判です。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







2016年度の売上でみてみますと、「はま寿司」は未上場なので推測の
域をでませんが1100億円程度だと思われます。
根拠は2015年度が1010億円と発表しており、その後1年間で32店舗が
増加していることから100音円前後が増加していると思われます。
第1位のスシローは1460億円、第2位のくら寿司は1136億円なので、
現在の売上ては第2位を追い抜く勢いです。
後発組とはいえ店舗数は業界トップ。今後は更なる成長・発展を目指している現状で、売上でも数年後にはトップに立つ日も近いようです。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







「はま寿司」の強さの秘密は牛丼チェーン「すき家」を核としています
ゼンショーホールディングスの業態にあると思います。
グループ全体のスケールメリットを十分に活かした仕入れ、物流ネット
ワークをを活用してコストを下げられることが最大の要因です。
特に「はま寿司」の目玉商品である「まぐろ」の仕入れには大変に効果
を発揮していることが価格からも想像できます。

また「はま寿司」の強みでもある「肉握り」も充実しています。
ローストビーフ、合鴨、炭火牛肉カルビなどの、本来200円以上の寿司
ネタが90円で提供できることも他を圧倒しています。
商品に対しては絶対的な品質と価格と品揃えがあるので、当然のように
消費者には高い評価を得られています。

次回は「商品+サービス」での躍進する秘密を記事にします。
















無料経営相談 実施中!!








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。





無料経営相談 実施中!!
同じカテゴリー(業績向上の仕組みづくり)の記事画像
LINEが新機能「送信取消」サービスを実装
新しいビジネスモデル「ファーストキャビン」
Facebookが純利益79%増収
ガリガリ君リッチ/温泉まんじゅう味の戦略
かっぱ寿司、新たな戦略/食べ放題・1貫50円
崎陽軒「シウマイ弁当」の商品開発
同じカテゴリー(業績向上の仕組みづくり)の記事
 LINEが新機能「送信取消」サービスを実装 (2017-11-19 10:28)
 新しいビジネスモデル「ファーストキャビン」 (2017-11-13 10:50)
 Facebookが純利益79%増収 (2017-11-07 10:39)
 ガリガリ君リッチ/温泉まんじゅう味の戦略 (2017-11-01 10:29)
 かっぱ寿司、新たな戦略/食べ放題・1貫50円 (2017-10-28 09:13)
 崎陽軒「シウマイ弁当」の商品開発 (2017-10-26 10:50)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。