2017年05月26日

生協ノンアルコールビールの直球ずぎるネーミング

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。






日本生活協同組合連合、通称COOP(コープ)がオリジナルブランド
で発売したノンアルコールビールの商品名が「直球すぎる」とネット上
で大きな話題となっているのをご存知でしたか。
その意表を突くネーミングは「Sirafu(シラフ)」てず。
COOP(コープ)商品は組合員向けに販売されるため、通常は店頭に
並ぶことはなくネットで話題になることもありません。
では今回は、何故大きな話題となったのか検証してみます。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







ノンアルコールビールの商品名は飲料メーカーが工夫を凝らし、消費者
の目に留まるようネーミングの企業努力は大変に重要です。
サントリーは「オールフリー」
キリンビールは「パーフェクトフリー」
アサヒビールは「ドライゼロ」

などの『フリー』や『ゼロ』といった言葉でノンアルコールビールだと
消費者にアピールしているのですが、それらの常識を覆しました。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






COOP(コープ)ノンアルコールビール「Sirafu(シラフ)」
が組合員向けに発売されたのが今年の4月1日。
ネットで話題になったキッカケは予想通りTwitterでした。
5月に入るとTwitter書込みに「直球すぎる」とか「笑った」
「えっ、名前を見直した」などの反響が相次ぎ、中には1万2000回以上
のリツイートが呟かれているものもありました。
恐るべし、現在のネット社会でのSNSの影響力です。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






COOP(コープ)の担当者は今回のネーミングについて「実は当初の
名前の候補ではSheriff(シェリフ)が有力でした。アメリカで
は保安官を指す言葉です。西部劇に出てきますカッコイイ正義の味方の
イメージでした。しかし、シェリフでは消費者へ意味が伝わりにくいこ
ともあり、字数を減らすことが検討されました。そして頭の文字が同一
である“S”を使って“Sirafu”が誕生しました。」


偶然の副産物かもしれませんが、楽しいネーミングですね。
今年の夏本番のノンアルコールビール商戦が楽しみになってきました。
















にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。





無料経営相談 実施中!!
同じカテゴリー(業績向上の仕組みづくり)の記事画像
ウナギそっくりの「ほぼうなぎ」が大好調/カネテツデリカフーズ
珈琲ドリンク市場の環境変化/中型ペットボトルコーヒー
名古屋栄の名店「丸栄」が閉店にみる環境変化
カラムーチョが人気再燃の要因
コンビニ大手のファミリーマートの次なる戦略/後編
コンビニ大手のファミリーマートの次なる戦略/前編
同じカテゴリー(業績向上の仕組みづくり)の記事
 ウナギそっくりの「ほぼうなぎ」が大好調/カネテツデリカフーズ (2018-07-20 10:32)
 珈琲ドリンク市場の環境変化/中型ペットボトルコーヒー (2018-07-19 11:20)
 名古屋栄の名店「丸栄」が閉店にみる環境変化 (2018-07-11 11:06)
 カラムーチョが人気再燃の要因 (2018-07-09 11:12)
 コンビニ大手のファミリーマートの次なる戦略/後編 (2018-07-08 11:16)
 コンビニ大手のファミリーマートの次なる戦略/前編 (2018-07-03 13:47)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。