2017年02月16日

高速道路の渋滞緩和策/遊園地と直結IC

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。







国土交通省は今年2017年度から、高速道路と近郊の遊園地の施設や
アウトレットモール施設等を直結させる専用インターチェンジの設置を
実施することを発表しました。
利便性の向上と高速道路や一般道路の渋滞緩和が狙いです。
私自身も以前から強く実感していましたが、道路渋滞は全く無駄な時間
であり、極論をいえば国益の損失だと思っていました。
是非とも遊園地などの大型商業施設と協力・連携して渋滞緩和策として
成果を出していただきたいと強く感じます。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






この新たなインターチェンジ設置には商業施設側にも集客のメリットが
大きいことから、建設費一部を施設側に負担させる方針のようです。
従来のインターチェンジは国や高速道路会社が設置案を計画して費用も
負担しており、平均約10キロ間隔で設置されています。
新しいインターチェンジは商業施設を運営する企業が設置案を提案し、
国の審査をパスできればETC専用の簡易型インターチェンジを設置が
できるようになります。  建設費は約20億円ほど・・・・
とせの程度の負担とするかは今後の議論のするようです。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






通常のインターチェンジは上下線に出入り口計4ヶ所設置するのですが
、新しいインターチェンジは企業の提案に応じて、慈雨下船の出口のみ
とするなど部分的な設置も認め、渋滞緩和・集客と共にコスト低減など
も図ることが検討されるようです。

国交省が想定するのは、東京ディズニーランド、ユニバーサルスタジオ
ジャパンなどのテーマパークや、三井アウトレットパークジャズドリーム長島などの人気の大型商業施設です。
混雑時には、近くの高速道路付近の本線から施設の駐車場まで大渋滞が
続いており地元住民のへ迷惑が大きな問題して挙がっていました。

是非とも早期に実現してほしいものです。








にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。





無料経営相談 実施中!!
同じカテゴリー(戸塚友康コラム)の記事画像
東京大学・宮台投手が慶應戦で勝利
「本能寺の変」直後の明智光秀の直筆手紙
ハリケーン直後に打ち上げられた謎の生き物
日本人初の100㍍9秒台/桐生祥秀選手
天理高校の「仁王立ち応援団長」の涙
テレビ東京「池の水ぜんぶ抜く」にて歴史的発見
同じカテゴリー(戸塚友康コラム)の記事
 東京大学・宮台投手が慶應戦で勝利 (2017-09-22 10:09)
 「本能寺の変」直後の明智光秀の直筆手紙 (2017-09-19 12:33)
 ハリケーン直後に打ち上げられた謎の生き物 (2017-09-17 11:29)
 日本人初の100㍍9秒台/桐生祥秀選手 (2017-09-11 08:51)
 天理高校の「仁王立ち応援団長」の涙 (2017-08-25 09:13)
 テレビ東京「池の水ぜんぶ抜く」にて歴史的発見 (2017-08-23 10:49)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。