2017年01月26日

ファミマ「チルドラーメン」大ヒットの秘密

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。







大手コンビニエンスストアのファミリーマートの「チルドラーメン」が
ヒットしてことは何となく聴こえてきましたが、実際は・・・・
調べてみますと驚くべき実態が判明してきました。

『スープは80度で売上3倍』
ファミリーマートの合言葉になっているキャッチフレーズですが、昨年
10月の段階では1日約10万個を売り上げる大ヒット商品となってい
ることが判りました。  これは驚きの数字です。
電子レンジで約5分加熱すれば、専門店で食べられるような熱々の美味
しいラーメンが食べられると大好評のようです。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






実際の消費者の声として「スープにコクがあって美味しい」「麺が他の
コンビニより美味しい」「新しく〇〇味も出して欲しい」など、上々の
評価を得ているようです。
ファミマの「チルドラーメン」は2015年には大々的にリニューアル
して、発売当時の2014年の段階で1日の店舗平均1200円程度の
売上だったのが、リニューアル後は4000円強の売上を獲得するまで
急激にお客様に支持される商品に成長しています。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






では具体的に「どのような改良を施したのか・・・・・」
ファミリーマートの品質管理・商品開発担当者は「こだわりのポイント
は全てですが、特に温度にはこだわりました。ラーメン専門店の商品は
大体80度ぐらいで出てきますが、コンビニラーメンはせいぜい70度
までしか温めないという前提がありました。それを専門店と同じく熱々
の状態で美味しく食べられるよう、全てを設計し直しました。」

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






現在は、醤油・味噌・豚骨の定番に加え「昔ながらの醤油ラーメン」と
「野菜ちゃんぽん」が発売され、スープはもちろん、それぞれのスープ
に合わせた麺にも「小麦の選定・配合」などを試行錯誤を繰り返して現在に辿りついたようです。
また現在では、女性向けに開発された商品「Vege白湯」はタンメン・
担々麺・トマト鍋とシリーズ化され、リピーターも増加中のようです。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






最後に大ヒットの秘密は「これでは?」というヒントを発見しました。

売れない商品を見直すのは当然のことであり、誰だって行います。
しかし、現在売れている商品に対しては「売れているから大丈夫」と、
安心や油断が生まれます。でも実際は細心の注意を払い改良し続けて行くことが消費者が喜ぶ原点ではないでしょうか・・・・


食は嗜好品ですので美味しいものでも必ず「飽き」がきます。
お客様が何度食べても飽きずに「おっ!」と新鮮な驚きと喜びを感じるように商品へ「こだわり」を持っての改良こそがヒット商品を誕生させる秘密では。と感じます。















にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。





無料経営相談 実施中!!
同じカテゴリー(業績向上の仕組みづくり)の記事画像
ポテトチップス元祖の湖池屋、V字回復の戦略/後編
不振のユニー・ファミマHDがドン・キホーテと資本提携
伊藤園「お~いお茶」の牙城を狙うサントリー「伊右衛門」の攻勢/後編
伊藤園「お~いお茶」の牙城を狙うサントリー「伊右衛門」の攻勢/前編
「コンビニおでん」の夏商戦
ライザップが狙う次なるビジネスモデル
同じカテゴリー(業績向上の仕組みづくり)の記事
 ポテトチップス元祖の湖池屋、V字回復の戦略/後編 (2017-09-13 14:42)
 不振のユニー・ファミマHDがドン・キホーテと資本提携 (2017-09-05 09:25)
 伊藤園「お~いお茶」の牙城を狙うサントリー「伊右衛門」の攻勢/後編 (2017-09-03 11:52)
 伊藤園「お~いお茶」の牙城を狙うサントリー「伊右衛門」の攻勢/前編 (2017-09-01 10:37)
 「コンビニおでん」の夏商戦 (2017-08-21 13:09)
 ライザップが狙う次なるビジネスモデル (2017-08-04 11:08)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。