2017年01月08日

築地市場のマグロ初競りに観る景気動向

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。







先日、移転が延期されています築地市場にて水産物の初競りが行われ、
生鮮本マグロの1本最高値が7420万円で落札されました。
最高値をつけたマグロは212㌔の大間産本マグロ、記録が残っている
1999年以降では2013年の1億5540万円に次ぐ、史上二番目の高値
での初競りだったようです。皆さんも新聞・テレビでご存知ですね。
「築地最後の初競り」となるはずだった昨年の1400万円を、大きく
上回る落札額に築地市場も活気を取り戻したようです。
落札したのは、ご存知築地に本社がある「すしざんまい」の名物社長と
して有名な木村清社長。 これで6年連続最高値での落札です。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






インタビューに答えた木村社長は「ちょっと高いなあ。競り合う相手が
いなければ1㎏あたり2~3万円ぐらいだが、みんなで競いあって高く
なってしまった。」と語っていました。
212㌔のマグロを1㌔あたりに換算しますと、なんと1㌔が35万円
と超高値での初競りとなりました。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






築地市場は昨年11月に豊洲市場に移転する予定でしたが、小池百合子
都知事が移転延期を決め、現在も移転時期が決まっておらず、先行きが
不透明なまま迎えた2017年の初競りでした。
市場関係者からは移転問題に対する不満の声は充満しています。
移転の時期も決まらず、中ぶらりんの状況を早く脱して欲しい。当然の
ように出てくる不満の声です。

水産品の初競りが市場の景気動向に影響すると、いつの時代も囁かれて
いますが今年はどうなることやら・・・・・
一刻も早い「豊洲移転」問題の解決が望まれます。












にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。





無料経営相談 実施中!!
同じカテゴリー(戸塚友康コラム)の記事画像
働き方改革による環境変化「副業解禁」/前編
トリュフを使用した製品が相次いで発売
箱根駅伝100回の記念大会から全国化を検討
健康志向の時代反映/納豆の消費が過去最高
岐阜県瑞浪土岐倫理法人会/講演会
高校野球での感動の裏話/ボークを宣告した審判
同じカテゴリー(戸塚友康コラム)の記事
 働き方改革による環境変化「副業解禁」/前編 (2017-11-22 12:01)
 トリュフを使用した製品が相次いで発売 (2017-11-17 13:54)
 箱根駅伝100回の記念大会から全国化を検討 (2017-11-11 11:50)
 健康志向の時代反映/納豆の消費が過去最高 (2017-11-09 10:08)
 岐阜県瑞浪土岐倫理法人会/講演会 (2017-11-05 11:26)
 高校野球での感動の裏話/ボークを宣告した審判 (2017-11-03 09:13)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。