2017年01月03日

感動の「第93回 箱根駅伝」の往路

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。







正月の風物詩といえは、何といっても「東京箱根間往復大学駅伝競走」
、通称「箱根駅伝」が最大のイベントですよね。
今年も前評判の高い青山学院大学を中心に激しい戦いが予測され、観る
人達の心を動かす素晴らしい昨日の往路でした。
東京大手町の読売新聞社前でのスタート第一区は、とんでもない緊張感
が漂う難しい役割があり、大切な区間のようです。
沿道には夜明け前の朝2時から場所取りをした人もいるとか・・・・



*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。





第1区は予想通り東洋大学の服部選手がスタートからトップでリードを
保ち、僅差ではありましたが区間賞を獲得しています。
戦前の予測では服部選手がスタートより飛び出すのでは。と予測があり
ましたが終始スローペースで進み、各大学の戦略にも若干の狂いがあっ
たようでした。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。





各校のエースが揃う第2区は優勝候補の筆頭、彩山学院大学、東洋大学
、早稲田大学、駒澤大学、神奈川大学が大混戦となり、第3区へトップ
で襷を渡したのは何と誰もが予想していなかった神奈川大学でした。
第3区をトップで襷を渡した神奈川大学は史上初の快挙でした。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。





第3区の戦いはトップで襷を受け取った神奈川大学と優勝候補の大本命
の青山学院大学との争いでしたが最後は地力に勝る青山学院、秋山選手
が区間賞を獲得する快走で競り勝ちました。
青山学院の監督が唯一心配な区間といっていた3区で逆に区間賞を獲得
してトップに躍り出る快走。今年も青山学院は強そうですね。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。





第4区は前の区間でトップに立った青山学院大学の独走の状況であり、
後続の第2位の早稲田大学とは1分29秒の大差をつけて第5区の山登
り区間の選手が楽にスタートできる状況を作っていました。
この時点では今年も3連覇を狙っている青山学院手大学の選手層の厚さ
が他校を圧倒し、楽勝ムードが漂いはじめでいました。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。





今年の青山学院大学は昨年までの通称「山の神」といわれた神野選手の
ような山登りのスペシャリストが存在していないのですが、第2位との
タイム差にも余裕があり、後続に差を詰められましたが3年連続の往路
優勝を果たすことに成功しました。
昨年は第1区から一度もトップを譲らない全区間の完全優勝でしたが、
各校とも「打倒!青山学院」を目指して頑張りました。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






第2位には名門、早稲田大学が22秒差まで詰めてきました。
早稲田大学もさすがに名門校であり、青山学院大学の独走に待った。を
掛けて本日の復路に総合優勝に望みをつなぎました。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






毎年恒例の「感動の箱根駅伝」の記事は、次回に復路を投稿します。
お楽しみに・・・・・・






















にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。





無料経営相談 実施中!!
同じカテゴリー(感動体験)の記事画像
「本能寺の変」直後の明智光秀の直筆手紙
日本人初の100㍍9秒台/桐生祥秀選手
天理高校の「仁王立ち応援団長」の涙
筋書きのないドラマ【驚異の大逆転】/高校野球
甲子園一番乗りは沖縄県興南高校
レジェンド三浦知良選手、50歳でのゴール
同じカテゴリー(感動体験)の記事
 「本能寺の変」直後の明智光秀の直筆手紙 (2017-09-19 12:33)
 日本人初の100㍍9秒台/桐生祥秀選手 (2017-09-11 08:51)
 天理高校の「仁王立ち応援団長」の涙 (2017-08-25 09:13)
 筋書きのないドラマ【驚異の大逆転】/高校野球 (2017-07-21 10:05)
 甲子園一番乗りは沖縄県興南高校 (2017-07-18 09:13)
 レジェンド三浦知良選手、50歳でのゴール (2017-03-13 09:58)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。