2017年01月14日

「500円硬貨」に隠された小さい秘密

                     
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。







本日は土曜日ですので「ユル記事」内容をブログに投稿します。
タイトルは『500円硬貨の秘密』と題しまして皆さんが知らない隠れた
秘密を情報提供します。 
日々何気なく使っている『500円硬貨』。 他の効果とは少し違い、
存在感がある小銭として私達の日常になくてはならない硬貨です。
そんな500円硬貨の裏表に「ある秘密」が隠れているのは、あまり世間
では認知されていません。 お手元に500円硬貨を用意して下さい。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






まずは表面をよく見てみますと『500』のゼロの中に「500円」とい
う文字が隠れているのが判りますか・・・・・
私はコインの収集家でもありますので収集家の中では、知れ渡っている
常識ですが皆さんはご存知でしたか・・・・・・
新しい500円硬貨だと鮮明に見えるようです。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






次に、私自身も知らなかったのですが表面には「NIPPON」という
アルファベットの文字が隠れているという事実です。
これは肉眼ではなかなか見えにくいのですが、確実にあります。
下の画像を参照にお手元の硬貨にて確認してみた下さい。
日本の技術の高さ、精密さ、偽造硬貨の防止技術には驚きますね。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






次に裏面ですが、ここにも物凄く細かく繊細な秘密が隠されています。
一見すると全く判りませんが、下記の画像を参照にお手元の硬貨で確認
して欲しいのですが、もはや肉眼ではなかなか確認が難しく、ルーペが
あると確認できるレベルです。 (笑)







描かれている文字はアルファベットで「NIPPON」と・・・・・・
もはや肉眼では確認不可能です。
もちろん造幣局のホームページを見てもこの「秘密」は記載されておらず、一部のマニアの人達の間で広がっている真実なのです。
日本の硬貨製造技術を世界に誇示できる500円硬貨ですね。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。























にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。




無料経営相談 実施中!!
同じカテゴリー(感動体験)の記事画像
東京大学・宮台投手が慶應戦で勝利
「本能寺の変」直後の明智光秀の直筆手紙
日本人初の100㍍9秒台/桐生祥秀選手
天理高校の「仁王立ち応援団長」の涙
筋書きのないドラマ【驚異の大逆転】/高校野球
甲子園一番乗りは沖縄県興南高校
同じカテゴリー(感動体験)の記事
 東京大学・宮台投手が慶應戦で勝利 (2017-09-22 10:09)
 「本能寺の変」直後の明智光秀の直筆手紙 (2017-09-19 12:33)
 日本人初の100㍍9秒台/桐生祥秀選手 (2017-09-11 08:51)
 天理高校の「仁王立ち応援団長」の涙 (2017-08-25 09:13)
 筋書きのないドラマ【驚異の大逆転】/高校野球 (2017-07-21 10:05)
 甲子園一番乗りは沖縄県興南高校 (2017-07-18 09:13)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。