2016年11月22日

4年連続の「官製春闘」/安倍首相が経済界に要請

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。







安倍晋三首相は「働き方改革実現会議」にて、2017年春闘で「少なく
とも今年並みの水準の賃上げを期待したい」
と語り、4年連続で経済界
に賃上げの要請を発言しました。
議員として出席していた経団連会長は「賃上げのモメンタム(勢い)を
継続して行きたい」
と回答しましたが、今年の年明け以降の円高などの
影響で企業業績は頭打ちとなっています。
経済界では賃上げに慎重論が根強くあり、政府の思惑通りになるかは、
不透明な状況です。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。





「アベノミクスの高循環を継続させるカギは、来年の賃上げだ。」
安倍首相は働き方改革実現会議で強調しました。
4年連続の賃上げ要請は働く人達の手取りを増やし、個人消費の底上げ
に繋げるのが狙いです。
ただ、政府の掛け声とは異なり、企業が思ったほど賃上げに踏み切らな
かったため、景気回復の勢いが鈍っているとの批判もあります。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。





「官製春闘」が始まった2014年以降、大企業の賃上げ率は3年連続で
2%を超えましたが、2016年の春闘では賃上げ率は鈍化してます。
政府は中小企業の業績回復が遅れていることを配慮し、賃上げした中小
企業の法人税を軽減する特例措置の期限を今年度末から2年延長、減税
幅を拡大する方針です。

しかし、春闘全体の流れをつくる自動車業界大手7社では、円高による
収益悪化で「通期業績も減益見通しなのに、安易に“賃上げ”は実施でき
ない」
との見解があり、ベースアップはできるだけ抑え、子育て世代へ
の待遇を手厚くするなどの限定的な賃金改善に留まる企業が多いとみら
れています。

アベノミクスも正念場を迎えていますね。









にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。



※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。