2016年11月07日

セブンカフェの販売システムが更に進化

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。







時代は空前のコーヒーブームですが、その立役者ともいうべきコンビニ
の珈琲マシンが更なる進化を遂げようとしています。
コンビニの中でも圧倒的シェアを誇っているセブンイレブンです。

従来の販売システムではホット珈琲については、レジに並んでカップを
購入するシステムであり、アイス珈琲は冷凍ケースからカップを持って
からレジで並んで支払いを済ませてから、コーヒー専用のマシンを操作
する販売システムでした。
セブンカフェの販売システムが更に進化
*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






これを便利と思うか、不便を感じると思うかは賛否はありますが、少な
からずともホットにしてもアイスにしても「コーヒーを頼むのにレジに
並んでお金を払うことが面倒くさい」「レジに行列ができていると頼む
気がなくなる」という声があったことば事実としてあったようです。
100円から販売されている気軽さもありすが、珈琲を買っているのでは
なく「カップを買う」ことに抵抗感もあったようです。
セブンカフェの販売システムが更に進化
*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







11月1日、Twitterに「顧客が本当に必要だったもの」というコメント
と共に新型コーヒーマシンの写真が投稿されました。
「レジに並ばずすぐに買えます」と書かれた大きなポップにある通り、
新型の珈琲マシンはコイン投入口がついており、その場で支払いができ
るタイプであり、カップも常設してあります。
つまりカップを買うのではなく珈琲を買うことになるようです。
セブンカフェの販売システムが更に進化
*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。







ネット上で大きな話題となっており世間の声で多かったのは、
「これは便利でいい」、
「むしろ出るのが遅すぎた」、
「カップを売るのではなく珈琲を売ってくれってずっと思っていた」、
「超便利だからありがたい」
との歓喜の声があがっています。

この販売システムが全店で導入されるかは不透明ですが、珈琲の販売
システムとして新しいサービスとして確立されるか興味津々です。
















にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。





無料経営相談 実施中!!
同じカテゴリー(業績向上の仕組みづくり)の記事画像
300円ショップ「ミカヅキモモコ」の戦略
山崎製パンの「ランチパック」が売れ続ける要因/後編
山崎製パンの「ランチパック」が売れ続ける要因/前編
北九州の強烈のできるソールフード「資さんうどん」の戦略
10年で2倍の「グミ市場」の成長要因
進化系タピオカが大人気、トレンドに!
同じカテゴリー(業績向上の仕組みづくり)の記事
 300円ショップ「ミカヅキモモコ」の戦略 (2019-07-17 11:20)
 山崎製パンの「ランチパック」が売れ続ける要因/後編 (2019-07-15 11:53)
 山崎製パンの「ランチパック」が売れ続ける要因/前編 (2019-07-13 09:38)
 北九州の強烈のできるソールフード「資さんうどん」の戦略 (2019-07-06 14:22)
 10年で2倍の「グミ市場」の成長要因 (2019-07-03 10:05)
 進化系タピオカが大人気、トレンドに! (2019-07-01 11:32)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。