2016年11月05日

三菱自動車が主要メーカー最下位に転落

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。






たび重なる燃費不正問題で揺らいでいます三菱自動車は、2016年度の
販売台数で富士重工業に抜かれ、国内主要メーカー7社の中で最下位に
転落する見通しであることが判明しました。
三菱自動車の国内最下位転落は1970年の創業以来初めてです。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。





三菱自動車の2015年度の世界販売台数は104万8000台で第6位であり
富士重工業95万8000台で第7位でした。
ところが10月28日に燃費不正問題が明るみに出てから、国内での販売
一時停止や新興国販売の景気低迷など失速し、今年度の世界販売見通し
を前年比11%減の93万3000台に修正しました。
一方、富士重工業は米国販売が好調に推移してあり今年度は11%増加
の106万2000台になる見通しを発表しています。
富士重工業の100万台突破は史上初の快挙を発表しています。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。





三菱自動車は1990年代半ばまでトヨタ自動車、日産自動車、ホンダに
続く国内販売の第4位のグループに位置していました。
しかし、1990年代後半・2000年代前半のリコール隠しの影響で販売が
激減し、第4位の座を競り合ってきたスズキに大きく水をあけられた上
に2000年代後半にはマツダにも抜かれていました。
現在の三菱自動車は、10月に出資を受けた日産自動車の傘下にて急速な
経営体質の立て直しを進めている真っ最中です。

そして先月、日産自動車トップであるカルロス・ゴーン氏が三菱自動車
の取締役会長候補に選出され、就任が確実視されています。
三菱自動車は現在、益子修氏が会長兼社長職を務めていますが、会長職
のみをカルロス・ゴーン氏に譲ることになる見通しです。


*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






三菱自動車の発行済み株式34%を日産が取得しており、日産が筆頭株主
となっていますので三菱に役員を送り込むのは当然ですが、日産自動車
CEO(最高執行責任者)のカルロス・ゴーン氏が会長を兼任するのは
極めて異例なケースです。

三菱自動車からの要請に基づいて、会長職に就任することを記者会見で
発言していましたが、この人事案は狙いは・・・・・・
記者会見でカルロス・ゴーン氏は「三菱自動車を再生させるのは、あく
まで益子修社長である。私の役割は三菱の透明性担保することであり、
株主の利益を守ることである。」と語っています。

三菱自動車がV時回復を描けるか大変に注目が集まります。



















にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。





無料経営相談 実施中!!
同じカテゴリー(優良企業の戦略)の記事画像
LINEが新機能「送信取消」サービスを実装
新しいビジネスモデル「ファーストキャビン」
健康志向の時代反映/納豆の消費が過去最高
Facebookが純利益79%増収
ガリガリ君リッチ/温泉まんじゅう味の戦略
崎陽軒「シウマイ弁当」の商品開発
同じカテゴリー(優良企業の戦略)の記事
 LINEが新機能「送信取消」サービスを実装 (2017-11-19 10:28)
 新しいビジネスモデル「ファーストキャビン」 (2017-11-13 10:50)
 健康志向の時代反映/納豆の消費が過去最高 (2017-11-09 10:08)
 Facebookが純利益79%増収 (2017-11-07 10:39)
 ガリガリ君リッチ/温泉まんじゅう味の戦略 (2017-11-01 10:29)
 崎陽軒「シウマイ弁当」の商品開発 (2017-10-26 10:50)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。