2016年10月10日

超優良企業スターバックスが「お茶」に本格参入

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。






今月よりスターバックスコーヒージャパンは、ティー(茶類)関係の新
しいブランド「TEAVANA(ティバーナ)」を展開しています。
健康志向の高まりなどにより、今後さらなる拡大が見込めるティー市場
に本格参入して、同社の事業基盤である「コーヒー&エスプレッソ」
「フラペチーノ」に次ぐ第3の事業の柱と位置づけるようです。
日本人向けの販売について「ティー(茶)市場」はど真ん中ですね。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。





「ティバーナ」は、さまざまな種類の茶葉にフルーツ、ハーブ、スパイ
スなどをブレンドした商品に加え、これまでと異なる抽出方法、素材な
どと組み合わせて作り上げるのが特徴のようです。
同ブランドの新商品第1弾は「ゆずシトラス&ティー」。
ピンクグレープフルーツをはじめとした、さまざまなシトラスフルーツ
に、ゆずの果皮を合わせた商品となっています。
ゴールドカラーの見た目、わずの香り、果実の食感などを「五感で楽し
める商品」
として自信を持っての発売のようです。
価格は390円から470円(税別)となっています。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。





スターバックスでは今後も商品開発を進めて行く予定であり、「アール
グレイ」「ミントシトラス」「ほうじ茶」など同社が保有している既存
のティーメニューも全て同ブランドに刷新することも発表されました。
スターバックス水口CEOは「世界のティーマーケットは、昨年の段階で
日本円で12兆6000億円の規模に達している。今後も健康志向の高まり
などにより市場は拡大して行くだろう。」
と語っています。
同社では新ブランド投入による新規顧客の開拓を狙い「コーヒー&エス
プレッソ」「フラペチーノ」に次ぐ事業の柱として育てる方針です。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。





日本のお茶業界は惨憺たる状況であり、苦しんでいる業界です。
それは従来の時代遅れのビジネスモデル「葉売り」に、こだわっている
ことが最大の要因ではないでしょうか・・・・・・

端的にいいますと「茶葉売り」ではなく「ドリンク販売」に舵を切らな
いとお茶業界の将来への明るさは見えて来ないと思います。














にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。





無料経営相談 実施中!!
同じカテゴリー(業績向上の仕組みづくり)の記事画像
ポテトチップス元祖の湖池屋、V字回復の戦略/後編
不振のユニー・ファミマHDがドン・キホーテと資本提携
伊藤園「お~いお茶」の牙城を狙うサントリー「伊右衛門」の攻勢/後編
伊藤園「お~いお茶」の牙城を狙うサントリー「伊右衛門」の攻勢/前編
「コンビニおでん」の夏商戦
ライザップが狙う次なるビジネスモデル
同じカテゴリー(業績向上の仕組みづくり)の記事
 ポテトチップス元祖の湖池屋、V字回復の戦略/後編 (2017-09-13 14:42)
 不振のユニー・ファミマHDがドン・キホーテと資本提携 (2017-09-05 09:25)
 伊藤園「お~いお茶」の牙城を狙うサントリー「伊右衛門」の攻勢/後編 (2017-09-03 11:52)
 伊藤園「お~いお茶」の牙城を狙うサントリー「伊右衛門」の攻勢/前編 (2017-09-01 10:37)
 「コンビニおでん」の夏商戦 (2017-08-21 13:09)
 ライザップが狙う次なるビジネスモデル (2017-08-04 11:08)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。