2016年10月06日

米国カップヌードルが「脱、味の素」のレシピ変更

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。







米国でもファンが多い「日清食品カップヌードル」が1973年発売以来
初めてレシピを大幅に変更したことが話題になっています。
変更内容は「塩分の削減」「人工香料の自然香料への切り替え」そして
「MSG(グルタミン酸ナトリウム)の添加中止」の3点です。
もともとMSGは「味の素」の主成分であり、米国消費者の食に対して
の変化「自然志向」「健康志向」の高まりが背景のようです。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。





日清食品グループが9月に発表しました「レシピの変更」については、
米国主要紙であるロサンゼルスタイムスでも大きく取り上げられ「消費
者の健康志向が高まる中、カップヌードルが史上初めてレシピを変更し
た。」
ことを紙面で伝えています。

内容は塩分の削減については「チキン風味」など特に人気の3風味に関
しては、従来の製品より20%以上の削減。
その他の風味については15%前後の削減のようです。
風味を強化する香料については科学合成の人工香料を止め、ライムなど
の自然由来の香料に切り替えることを決定しています。
MSGの添加は全面的に中止となっています。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。





肥満や高血圧が死因の上位を占めており、大きな社会問題となっている
米国では政府や専門家が「糖分や塩分の摂取量を減らす。」ことを繰り
返し呼び掛けています。
現在では農薬や化学肥料、遺伝子組み換え技術を使わない「有機食品」
が飛ぶように売れるなど「できるだけ自然にものを食べたい。」という
消費者ニーズが、かつてないほどの高まりが見られています。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。






今回のレシピ変更で特に注目されているのが「MSGの使用中止」。
MSGという成分は日本では馴染みがないのですが、うま味調味料の
「味の素」が97.5%がグルタミン酸ナトリウムなのです。
つまりMSGは、ほぼ「味の素」と言っても過言ではありません。

米国ではMSGは評判が悪いのですが、日本では食品の安全行政を担当
する食品医薬品局では「安全」のお墨付きを出しています。
果たしてMSGと決別した「新生カップヌードル」は自然志向・健康志向が高まっている米国の消費者のニーズを捕まえることができるか注目が集まります。













にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。





無料経営相談 実施中!!
同じカテゴリー(注目企業紹介)の記事画像
「551蓬莱」が成長を続ける要因/前篇
サントリーが「透明なノンアルビール」を発売
ファミリーマートの新しいフラッペが大人気
ガリガリ君が話題の新製品「チョコミント」を発売
外食産業での「居酒屋ひとり負け」の要因
キリンビールの「独り負け」から脱却した要因
同じカテゴリー(注目企業紹介)の記事
 「551蓬莱」が成長を続ける要因/前篇 (2018-05-26 09:03)
 サントリーが「透明なノンアルビール」を発売 (2018-05-17 09:56)
 ファミリーマートの新しいフラッペが大人気 (2018-05-14 09:51)
 ガリガリ君が話題の新製品「チョコミント」を発売 (2018-05-12 11:09)
 外食産業での「居酒屋ひとり負け」の要因 (2018-05-10 11:00)
 キリンビールの「独り負け」から脱却した要因 (2018-05-08 10:31)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。