2016年07月01日

年金の運用損、昨年度は5兆円超/GPIF

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。






私達の老後資金である公的年金積立金の2015年度の運用成績は5兆円
を超える損失が確定したとのニュースが流れました。
年金積立金管理運用独立法人(GPIF)が、昨日の運用委員会で厚生
労働省に報告し、参院選挙後に公表する予定でしたが野党側は「損失
隠し」
との批判の声をあげています。
GPIFでは今年3月末に2015年度の運用実績を7月29日と決めていま
したが、例年7月上旬に公表していました。

*昨年11月に公表した7~9月の損失報告写真を使用しています。





GPIFは国民年金と厚生年金の積立金約140兆円を運用しているの
ですが6月30日の運用委員会は、非公開で開催され2015年度の財務諸表
を報告、関係者によると運用損は総額で5兆数千億。

中国が人民元を切り下げ世界的な株安となった昨年8月の「チャイナ・
ショック」
が影響し、昨年11月に7~9月期の損失が約8兆円となった
ことが公表された(上記写真)ばかりですが・・・

GPIFは将来の年金支給に必要な利益を確保するとして2014年10月
に運用基準を見直し、国内債権比率を60%から35%に下げ、代わりに
株式比率を50%に倍増させていました。
安倍政権では「成長戦略」にも位置づけていましたが当然、株価の影響
は受けやすくなり株安の状況は直接的に運用損に直結します。


もはや老後生活の年金を国が保障してくれる時代は終わった。と考えた
ほうがよさそうです。 私は10年前ぐらいから思っていました。
学習院大学の鈴木亘教授が試算した「厚生年金の世代間格差」の現実も
あり、社会保障の在り方が真剣に議論が必要です。

政治家が私利私欲ではなく、国民のために本当の意味で働く時代が来て
います。 当然ですが・・・・・
7月の参議院選挙では是非とも私利私欲の少ない方に当選してもらいたいと願うのは私だけではないと思います。
















にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。





無料経営相談 実施中!!
同じカテゴリー(戸塚友康コラム)の記事画像
働き方改革による環境変化「副業解禁」/前編
トリュフを使用した製品が相次いで発売
箱根駅伝100回の記念大会から全国化を検討
健康志向の時代反映/納豆の消費が過去最高
岐阜県瑞浪土岐倫理法人会/講演会
高校野球での感動の裏話/ボークを宣告した審判
同じカテゴリー(戸塚友康コラム)の記事
 働き方改革による環境変化「副業解禁」/前編 (2017-11-22 12:01)
 トリュフを使用した製品が相次いで発売 (2017-11-17 13:54)
 箱根駅伝100回の記念大会から全国化を検討 (2017-11-11 11:50)
 健康志向の時代反映/納豆の消費が過去最高 (2017-11-09 10:08)
 岐阜県瑞浪土岐倫理法人会/講演会 (2017-11-05 11:26)
 高校野球での感動の裏話/ボークを宣告した審判 (2017-11-03 09:13)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。