2016年06月14日

衰退マーケット『ガラケー』の進化

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。






ここ数年、急速に普及したスマートフォンの陰で従来型携帯電話、通称
「ガラケー」は衰退の一途を辿っていました。
ところが法人企業や高齢者の需要に加えて、電池の持ち・使い勝手の良
さ・維持費がスマホの半額などのメリットにより、ガラケーの出荷台数
が堅調に推移していることは知られていません。
パナソニックなどは新機能を搭載した機種の投入や新サービスを始めて
おり、ガラケーの需要掘り起こしを行っています。
衰退マーケット『ガラケー』の進化
*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。





「減少したとはいえ、従来型の携帯電話の出荷台数は依然として、高い
水準の市場を保っています。」
と、国内ガラケー市場でトップシェアを
確保しているパナソニックの担当者は語っています。
一時期よりは勢いは衰えたものの、平成26年のガラケーの出荷台数は、
1040万台で、パソコン(919万台)、デジタルカメラ(578万台)、薄
型テレビ(545万台)を大きく上回る市場規模を維持しています。
衰退マーケット『ガラケー』の進化
衰退マーケット『ガラケー』の進化
*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。





現在は携帯電話の国内出荷台数のシェア(構成比)は30%程度でありま
すが、契約数でみると約5千万人超の人がガラケーを利用しています。
パナソニックも年間200万台を出荷しており「まだまだ成長の可能性を
秘めています。」
と強気の姿勢です。

また、スマホに比べて価格が安いのも大きな魅力となっており、今後は
『ガラケーの進化』が進めば市場は大きく変わることも予測できます。
私もスマホとガラケー『2台持ち』ですが、電話機能は圧倒的ガラケー
の利用頻度が多くなっています。

新たにガラケーで【LINE】に対応するサービスも行われています。
絶滅間近といわれた「ガラケー」があらたな市場を確立するか、今後の動向に注目が集まります。










にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。





無料経営相談 実施中!!
同じカテゴリー(業績向上の仕組みづくり)の記事画像
300円ショップ「ミカヅキモモコ」の戦略
山崎製パンの「ランチパック」が売れ続ける要因/後編
山崎製パンの「ランチパック」が売れ続ける要因/前編
北九州の強烈のできるソールフード「資さんうどん」の戦略
10年で2倍の「グミ市場」の成長要因
進化系タピオカが大人気、トレンドに!
同じカテゴリー(業績向上の仕組みづくり)の記事
 300円ショップ「ミカヅキモモコ」の戦略 (2019-07-17 11:20)
 山崎製パンの「ランチパック」が売れ続ける要因/後編 (2019-07-15 11:53)
 山崎製パンの「ランチパック」が売れ続ける要因/前編 (2019-07-13 09:38)
 北九州の強烈のできるソールフード「資さんうどん」の戦略 (2019-07-06 14:22)
 10年で2倍の「グミ市場」の成長要因 (2019-07-03 10:05)
 進化系タピオカが大人気、トレンドに! (2019-07-01 11:32)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。