2016年06月16日

外食産業の成長戦略/キッチンオリジン

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。






オリジン東秀が、弁当と惣菜量り売りを併設している「オリジン弁当」
を1994年から首都圏を中心に展開し、最盛期は500店舗以上を運営して
いましたが、2014年以降は「キッチンオリジン」へ転換中です。
従来の弁当・惣菜に加えて、店内で作りたてのラーメンが食べられて、
生ビールで「チョイ飲み」ができる、新たなイートインが充実した店舗
がコンセプトとなっています。
今までなかった中食と外食とのハイブリット業態の店舗です。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。





「キッチンオリジン」は働く女性をメインターゲットとして開発された
新業態であり、2014年の2月に第1号店を池袋に出店して現在までに約
180店舗を首都圏と関西を中心に展開しています。
今期中には現在の倍に近い320店舗が「キッチンオリジン」に転換する
計画であり、3年後には全店を転換する予定だと語っています。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。





では何故、従来の「オリジン弁当」との業種・業態から新しいビジネス
スタイルに切り替えを行ったのか?
応えは簡単明快。 環境変化に合わせる必要があったのです。
それは従来のビジネスでのお客様の評価(売上)が微減している現実と
ターゲットとしているユーザーの環境変化
でした。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。





2006年頃には「オリジン弁当」は500店舗を超え、業界では注目される
存在となっていました。
しかし既存店の売上・客数は右肩下がりとなっており前年比97~99%
という微減の状況がが続いていました。
ターゲットしていた女性顧客も激減して半数以下となる状況では、既存
のビジネススタイルの転換を余儀なくされていました。

社会背景・環境変化は激しく変わっていたのに対応が遅れていました。
働く女性が増え、結婚年齢が上がり、女性の自立が目覚ましく進んでい
る環境に合わせ、「働く女性」の夕食を自炊ではなく、チョットお洒落
に外食で済ます場所の提供がオリジンの答えでした。

当時、確かによる9時や10時に帰宅する女性が駅に着くと夕食の選択肢
は限りなく限定されており、コンビニ・牛丼店・ラーメン店・一部のみ
のスーパーと、女性としては抵抗感がある状況でした。
そこに「キッチンオリジン」の選択肢が広がれば「働く女性」にとって
食生活が激変することを狙ってのビジネスモデル業態変更でした。


これからの「キッチンオリジン」の推移に大注目が集まっています。













にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。





無料経営相談 実施中!!
同じカテゴリー(業績向上の仕組みづくり)の記事画像
ポテトチップス元祖の湖池屋、V字回復の戦略/後編
不振のユニー・ファミマHDがドン・キホーテと資本提携
伊藤園「お~いお茶」の牙城を狙うサントリー「伊右衛門」の攻勢/後編
伊藤園「お~いお茶」の牙城を狙うサントリー「伊右衛門」の攻勢/前編
「コンビニおでん」の夏商戦
ライザップが狙う次なるビジネスモデル
同じカテゴリー(業績向上の仕組みづくり)の記事
 ポテトチップス元祖の湖池屋、V字回復の戦略/後編 (2017-09-13 14:42)
 不振のユニー・ファミマHDがドン・キホーテと資本提携 (2017-09-05 09:25)
 伊藤園「お~いお茶」の牙城を狙うサントリー「伊右衛門」の攻勢/後編 (2017-09-03 11:52)
 伊藤園「お~いお茶」の牙城を狙うサントリー「伊右衛門」の攻勢/前編 (2017-09-01 10:37)
 「コンビニおでん」の夏商戦 (2017-08-21 13:09)
 ライザップが狙う次なるビジネスモデル (2017-08-04 11:08)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。