2016年04月30日

家電量販店「ビックカメラ」の戦略

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。






家電量販店の「ビックカメラ」が2015年9月~2016年2月まての2016
年8月期の第2四半期の決算を発表しました。
◆売上高は3944億円(前年同期比0.3%増)
◆営業利益は117億円(前年同期比40.8%増)
と前期を大幅に上回り、第2四半期としては過去最高の業績でした。
同社は業績予測を上方修正し、通期でも過去最高の営業利益更新を目指すことを語りました。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。





史上最高の営業利益の大きな要因は子会社の「コジマ」の改善です。
◆売上高は1114億円(前年同期比1.0%増)
◆営業利益1.5億円(前年同期は2億円の赤字)
であったのが黒字化されたことが大きな要因のようです。
経営不振に陥った「コジマ」は、2012年6月に「ビックカメラ」傘下に
入り、経営再建を目指していました。
不採算店を中心に全国で75店舗を閉鎖し、店舗改装や品揃え強化を進め
てきたことで、離れていた顧客を呼び戻してきました。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。





家電量販店業界の価格競争も落ち着き、粗利率の高い高額商品の販売も
好調なっていることが営業利益向上につながっています。
また「ビックカメラ」の訪日観光客向けの売上高が前年同期と比較して
165%と高い伸びをしたことも大きな要因のようです。
「コジマ」の業績が回復したことにより「ビックカメラ」は2021年8月
期までの中期経営計画を、売上高1兆円に修正しました。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。





しかし、家電量販店の扱う「白モノ家電」の国内需要は買い替えが中心
であり今後の人口減少によるマーケットの拡大は見込めません。
国内メーカーを見ても東芝の家電事業は中国企業に売却され、シャープ
も台湾企業の傘下に入るなど、日本の技術力の影響が低下して行くこと
も大きな懸念材料です。

「ビックカメラ」の宮嶋社長は「今後はオリジナル性のある商品開拓を
PBプランドや中小メーカーの開拓などにより進めて行く予定です。」

また取り扱いアイテムも、高額な時計やカメラから、価格帯が安く要望
が多い理容・美容家電などに変化させて行く戦略のようです。

日本の成長期を支えてきた「白モノ家電」から脱皮が鍵のようです。










にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。





無料経営相談 実施中!!
同じカテゴリー(業績向上の仕組みづくり)の記事画像
LINEが新機能「送信取消」サービスを実装
新しいビジネスモデル「ファーストキャビン」
Facebookが純利益79%増収
ガリガリ君リッチ/温泉まんじゅう味の戦略
かっぱ寿司、新たな戦略/食べ放題・1貫50円
崎陽軒「シウマイ弁当」の商品開発
同じカテゴリー(業績向上の仕組みづくり)の記事
 LINEが新機能「送信取消」サービスを実装 (2017-11-19 10:28)
 新しいビジネスモデル「ファーストキャビン」 (2017-11-13 10:50)
 Facebookが純利益79%増収 (2017-11-07 10:39)
 ガリガリ君リッチ/温泉まんじゅう味の戦略 (2017-11-01 10:29)
 かっぱ寿司、新たな戦略/食べ放題・1貫50円 (2017-10-28 09:13)
 崎陽軒「シウマイ弁当」の商品開発 (2017-10-26 10:50)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。