2016年04月14日

セブンイレブン、平均日販が70万円到達か?

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。







コンビニ最大手、セブンイレブンの2016年2月期の既存店平均の日販が
70万円の大台に乗る見込みであることが判りました。
入れたての珈琲や独自開発したドーナツなどのカウンター販売の商品が
プラスし、コンビニ業界初の日販70万円乗せとなる見込みです。
今後、加盟店のひとつの目標としての指標となりそうです。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。





セブンイレブンジャパンでは、既存店の平均日販は公表していませんが
2013年2月期の全店平均日販は66万8000円、
2014年2月期は66万4000円、
2015年2月期は65万5000円、
と全店ベースでの数字上は、減収傾向のように見えますが要因は、ここ
数年1,500店舗以上の大量出店した新店が、既存店よりも平均日販が低
いため、この数字になっているようです。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。





開店から1年以上経過した既存店は着実に平均日販を伸ばしており、前
期は69万円台と見られています。
今期は、前述の通り「カウンター販売」の商品が増え、既存店平均日販
のアップの原動力になっているのは「珈琲」と「ドーナツ」です。

既存店の売上高は2015年12月まで41ヶ月連続で前年同月比で増加して
おり、事実上の既存店の日販が伸びていることを裏付けています。
2015年2月期の数字は、コンビニ業界第2位のローソンは全店平均日販
は53万3000円、第3位のファミリーマートは50万8000円でした。

進化し続けているコンビニエンスストア。
その中でもダントツの進化はセブンイレブンのようです。
今後の戦略にも大注目です。









にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。





無料経営相談 実施中!!
同じカテゴリー(業績向上の仕組みづくり)の記事画像
モスバーガーの業績不振の要因は?
週3日休館の老舗旅館が急成長のヒミツ
三越伊勢丹「前倒しセール」の背景/前編
タニタ食堂がビジネスモデル再構築『健康+楽しみ』
LINEが新機能「送信取消」サービスを実装
新しいビジネスモデル「ファーストキャビン」
同じカテゴリー(業績向上の仕組みづくり)の記事
 モスバーガーの業績不振の要因は? (2018-01-17 14:05)
 週3日休館の老舗旅館が急成長のヒミツ (2018-01-13 11:38)
 三越伊勢丹「前倒しセール」の背景/前編 (2017-12-22 15:25)
 タニタ食堂がビジネスモデル再構築『健康+楽しみ』 (2017-12-07 11:02)
 LINEが新機能「送信取消」サービスを実装 (2017-11-19 10:28)
 新しいビジネスモデル「ファーストキャビン」 (2017-11-13 10:50)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。