2016年03月18日

ビール競争激化/サッポロビール「エビスマイスター」を投入

                     
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。






今年も春の訪れ「お彼岸」のシーズンになり陽気も良くなりました。
この時期になると必ず話題になります『ビール会社の新製品』ですが、
今年は高級ビールの販売競争が激化する様相です。
サントリービールが新商品「ザ・プレミアム・モルツ(香るビール)」
3月1日に発売したのを皮切りに、サッポロビールも主力ブランドである
「エビス」の新商品「エビス・マイスター」を5月17日に発売することを発表しました。
大手ビールメーカーでは人口減少の環境変化の中、高級ビール市場狙い
の戦略のようですが、競争はますます激化して行くことでしょう。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。





サッポロビールは、エビスブランドとしては6年ぶりの通年商品となる
「エビス・マイスター」を投入するほか、主力商品「エビス」を刷新し
ての販売を予定しており、コクのある味わいをさらに高めパッケージも
一新し、今年は5%増の1000万ケースの販売を目指す計画です。
今年のイメージガールも柚木渚さんに決まり、いよいよ攻勢に出ます。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。





サッポロの攻勢を迎え撃つのが高級ビール市場で5割強のシェアを誇る
サントリービールです。
昨年12月に主力高級ビールの「ザ・プレミアム・モルツ」を2年9ヵ月
振りに刷新したほか、前述「ザ・プレミアム・モルツ(香るビール)」
投入により、今年は16年ぶりの3%増の1800万ケースの販売を目指す
と強気の姿勢を見せています。

キリンビールは瓶専用のプレミアムビール「一番搾り・シングルモルト」を4月中旬に投入し、対抗する姿勢です。

アサヒビールは「アサヒスーパードライ・ドライプレミアム」を発売し、他社と同じく高級ビール市場のシェア獲得を狙います。


国内消費は景気感の不透明さがあり、消費の伸びは期待できません。
「価格は少し割高でも良いものを飲みたい」というニーズが多い中間層を狙っての高級ビール市場を各社が争う構図ができました。
果たして高級ビール市場のシェア拡大はどこか握るのか。
今年もビールメーカーの戦略を楽しみに拝見します。










にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。



無料経営相談 実施中!!
同じカテゴリー(業績向上の仕組みづくり)の記事画像
LINEが新機能「送信取消」サービスを実装
新しいビジネスモデル「ファーストキャビン」
Facebookが純利益79%増収
ガリガリ君リッチ/温泉まんじゅう味の戦略
かっぱ寿司、新たな戦略/食べ放題・1貫50円
崎陽軒「シウマイ弁当」の商品開発
同じカテゴリー(業績向上の仕組みづくり)の記事
 LINEが新機能「送信取消」サービスを実装 (2017-11-19 10:28)
 新しいビジネスモデル「ファーストキャビン」 (2017-11-13 10:50)
 Facebookが純利益79%増収 (2017-11-07 10:39)
 ガリガリ君リッチ/温泉まんじゅう味の戦略 (2017-11-01 10:29)
 かっぱ寿司、新たな戦略/食べ放題・1貫50円 (2017-10-28 09:13)
 崎陽軒「シウマイ弁当」の商品開発 (2017-10-26 10:50)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。