2016年03月01日

缶コーヒーの主要販売の自販機存在の危機/後編

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。





前回の記事にて「缶コーヒーの主要販売の自販機存続の危機/前編」
記事を投稿しましたが、本日は後編を記事にします。

現在、国内飲料メーカーは飽和状態なあり、そのうえにコンビニからは
毎年多数の商品を作り出すことを求められ、スーパーマーケットに販売
してもらうために販売促進費を支払っているのが現状です。
当然、利益をあげることが厳しい状況の中で定価で売れる自販機は、今
まで以上に利益を確保する重要な販路となっています。
缶コーヒーの主要販売の自販機存在の危機/後編
*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。





自動販売機市場は長年にわたり「日本コカコーラグループ」が独占的に
市場をリードしており、都心部などでは設置場所が限定されているので
、下位のメーカーによる自販機の提携は必要施策でありました。
2008年には「アサヒ飲料」「カルピス」が自販機事業を統合して、
商品の相互供給も「キリン」「ヤクルト」「伊藤園」「サッポロ
ホールディングス」
が提携しました。
2011年には「伊藤園」「大塚ホールディングス」が商品の相互協力
をスタートさせ伊藤園は15万台、大塚HD10万台の自販機がお互いの商品を提供することになりました。
2015年には「アサヒ」「大塚製薬」が自販機業務提携をしました。
アサヒの缶コーヒー『ワンダ』と大塚製薬のスポーツドリンク『ポカリスエット』を相互に供給しています。
缶コーヒーの主要販売の自販機存在の危機/後編
*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。





今後は道路事情や駐車場問題、一時停止としてのマナー違反など、自販機を取り巻く環境は非常に厳しい現状となってきます。
更なる再編が進むでしょうが、独立系の『ダイドー』『伊藤園』の動向が大注目です











にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。




無料経営相談 実施中!!
同じカテゴリー(業績向上の仕組みづくり)の記事画像
300円ショップ「ミカヅキモモコ」の戦略
山崎製パンの「ランチパック」が売れ続ける要因/後編
山崎製パンの「ランチパック」が売れ続ける要因/前編
北九州の強烈のできるソールフード「資さんうどん」の戦略
10年で2倍の「グミ市場」の成長要因
進化系タピオカが大人気、トレンドに!
同じカテゴリー(業績向上の仕組みづくり)の記事
 300円ショップ「ミカヅキモモコ」の戦略 (2019-07-17 11:20)
 山崎製パンの「ランチパック」が売れ続ける要因/後編 (2019-07-15 11:53)
 山崎製パンの「ランチパック」が売れ続ける要因/前編 (2019-07-13 09:38)
 北九州の強烈のできるソールフード「資さんうどん」の戦略 (2019-07-06 14:22)
 10年で2倍の「グミ市場」の成長要因 (2019-07-03 10:05)
 進化系タピオカが大人気、トレンドに! (2019-07-01 11:32)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。