2015年10月03日

アルコールCMに異変

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。





酒類の製造販売9団体で作っている「酒類業中央団体連絡協議会」は、
アルコール飲料のテレビCM等の出演者の年齢を、これまでの20歳以上
から25歳以上に引き上げる方針を明らかにしました。
また「ごくごく」「ぐびぐび」という効果音の使用や、のど元のアップ
もやめることを内閣府の作業部会で報告されました。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。





酒類の広告には法規制が無く、業界が自主基準を作っていましが、アル
コール健康障害対策基本法をもとに設置された専門家による作業部会の
意見を踏まえ、協議会が議論してきたようです。

出演者の年齢下限を25歳にするのは「若いタレントのCMは未成年にも
飲酒への関心を高めている」
と指摘があったためのようです。
18歳から飲酒できるオーストラリア、21歳からの米国などの例を活用
し、『明らかな成人』としてCM登場は25歳以上と定めています。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。





また「ごくごく」「ぐびぐび」などの効果音や、のど元のアップも止め
ることも決まりましたが、「アルコールを我慢している依存症の患者に
は苦痛」
という声に配慮したと説明しています。
これから自主基準の改正手続きに入り、実施時期は未定です。

*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。





実際に聞きますと驚きの議論や結論が出ていますが事実です。
酒類のCMはビールや酎ハイを中心に、のどごしの良さや爽快感を打ち
出すので現在の主流であり、若者や女性の需要喚起を狙っての若手タレ
ントの起用も増加傾向にありました。

今後は演出の工夫など、より一層の工夫が求められます。
今回の『環境変化』に応じた対応策が各社、どのような販促戦略の変更
を行ってくるのか、とても楽しみな環境変化です。












にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。





無料経営相談 実施中!!
同じカテゴリー(優良企業の戦略)の記事画像
ドラックストア業界トップにツルハドラック
ポテトチップス元祖の湖池屋、V字回復の戦略/後編
伊藤園「お~いお茶」の牙城を狙うサントリー「伊右衛門」の攻勢/後編
伊藤園「お~いお茶」の牙城を狙うサントリー「伊右衛門」の攻勢/前編
「デカフェ」が急激にマーケット拡大
労働市場の変化「全従業員の正社員化」
同じカテゴリー(優良企業の戦略)の記事
 ドラックストア業界トップにツルハドラック (2017-09-15 10:58)
 ポテトチップス元祖の湖池屋、V字回復の戦略/後編 (2017-09-13 14:42)
 伊藤園「お~いお茶」の牙城を狙うサントリー「伊右衛門」の攻勢/後編 (2017-09-03 11:52)
 伊藤園「お~いお茶」の牙城を狙うサントリー「伊右衛門」の攻勢/前編 (2017-09-01 10:37)
 「デカフェ」が急激にマーケット拡大 (2017-08-30 10:29)
 労働市場の変化「全従業員の正社員化」 (2017-08-27 10:44)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。