2015年09月07日

回転寿司業界に大変革/第二弾 鮨ノ場

                      
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
 ↑↑↑↑↑ 『ポチッ』と、ひと押しの応援が励みになります。






先日、このブログにて『回転寿司業界に大変革/ツマミグイ』の記事を
投稿しましたが、予想以上に反響があり本日は第二弾を投稿します。
『かっぱ寿司』を運営していますカッパ・クリエイトホールディングス
があきんどスシローに負けじと、新業態「鮨ノ場」1号店を9月18日に
東京・青山にオープンさせ、2019年までには100店舗に拡大することも
同時に発表されました。
回転寿司業界に大変革/第二弾 鮨ノ場
*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。




「鮨ノ場」は、お客様が注文した商品を直線型の専用レーンで客席まで
運ぶ仕組みを採用しており、親会社が運営する居酒屋事業のノウハウを
活かして、おつまみやアルコール類も豊富に取りそろえる予定です。
一皿あたりの単価は120円~600円と設定し、客単価は従来の回る寿司
店舗の1.5倍程度にあたる1500円前後を予想しています。
店舗は白を基調とした清潔感のある雰囲気に仕上げています。
回転寿司業界に大変革/第二弾 鮨ノ場
*インターネットより関連写真を抜粋させていただきました。





2015年までの4年間で100店舗の出店予測といいますと、年間25店舗程度の出店が見込まれますが、果たして
【新しいニーズ】を発掘するすることができ、
【新しい業態】が産まれるのか。
外食産業の注目が集まっています。

今後のマーケティング動向を注目しています。











にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへブログ村「コンサルタント部門」に参加しています。
ポチっと『ひと押し』してもらえると嬉しいです。





無料経営相談 実施中!!
同じカテゴリー(業績向上の仕組みづくり)の記事画像
300円ショップ「ミカヅキモモコ」の戦略
山崎製パンの「ランチパック」が売れ続ける要因/後編
山崎製パンの「ランチパック」が売れ続ける要因/前編
北九州の強烈のできるソールフード「資さんうどん」の戦略
10年で2倍の「グミ市場」の成長要因
進化系タピオカが大人気、トレンドに!
同じカテゴリー(業績向上の仕組みづくり)の記事
 300円ショップ「ミカヅキモモコ」の戦略 (2019-07-17 11:20)
 山崎製パンの「ランチパック」が売れ続ける要因/後編 (2019-07-15 11:53)
 山崎製パンの「ランチパック」が売れ続ける要因/前編 (2019-07-13 09:38)
 北九州の強烈のできるソールフード「資さんうどん」の戦略 (2019-07-06 14:22)
 10年で2倍の「グミ市場」の成長要因 (2019-07-03 10:05)
 進化系タピオカが大人気、トレンドに! (2019-07-01 11:32)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。